にゃん友NEWS

なんだこりゃ!エッマジで!!あんなことこんなこと。
おもしろネタ、最新ネタを盛りだくさん毎日お届けします。

    カテゴリ: 気象情報


    14日 冬型強まる ふたご座流星群見ごろ(日直予報士 2018年12月14日) - 日本気象協会 tenki.jp - tenki.jp
    14日 冬型強まる ふたご座流星群見ごろ(日直予報士 2018年12月14日) - 日本気象協会 tenki.jp  tenki.jp

    東北の日本海側は強風に注意を。全国的に日本海側は曇りや雨で、北陸から北海道は雪でしょう。太平洋側は晴れ間の広がる所が多いですが、東北では日差しは少ないで ...


    (出典:tenki.jp)



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    家にいながらでみえんもんかねーーー

    1 ばーど ★ :2018/12/14(金) 19:42:04.39 ID:CAP_USER9.net

    【12/14 21時から配信】ふたご座流星群特設ライブカメラ@高知県土佐清水市

    (出典 Youtube)


    【昨夜の動画】ふたご座流星群 2018.12.13 高知県土佐清水市・足摺テルメ

    (出典 Youtube)


    今夜、出現する流星数では、年間最大の流星群である「ふたご座流星群」の活動がピークを迎えます。

    観測条件のいい場所(※)では、およそ90秒に1つ流れ星が見える計算になることから、晴れているエリアでは、15分ほど夜空を眺めていると、少なくとも1つは流れ星を見ることが出来そうです。

    (※)街明かりが少なく、空の開けたところ

    ■今夜の天気は?

    (出典 smtgvs.weathernews.jp)


    冬型の気圧配置となるため、西日本、東日本の太平洋側では広いエリアで観測できそうです。

    日本海側のエリアは、寒気の影響で雲が広がりやすく、観測にはあいにくの空模様となる見込みです。

    また、東北エリアは、太平洋側の地域でも雲の流れ込むタイミングがあるため、雲の隙間を探しての観測となりそうです。

    ■ピーク時には1時間に40個以上の流星が見られる予想

    (出典 smtgvs.weathernews.jp)


    ふたご座流星群は、出現する流星数の多さから、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と共に「3大流星群」の1つとされています。

    極大を迎える今夜は、街明かりがなく空の開けたところでは、1時間に40個以上の流れ星を見ることが出来そうです。

    ふたご座流星群の流れ星はほぼ一晩中出現しますが、少しでも多く流れ星を見たい方は、上弦前の月が沈む23時以降の観測がオススメです。

    2018/12/14 16:55 ウェザーニュース
    https://weathernews.jp/s/topics/201812/140185/

    関連スレ
    【天体ショー】ふたご座流星群 13日夜と14日夜がピーク 12月13日日没後~14日日の出/12月14日23時頃~15日日の出
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544696353/


    続きを読む


    関東の雨や雪いつまで? 東北も大雪に(日直予報士 2018年12月11日) - 日本気象協会 tenki.jp - tenki.jp
    関東の雨や雪いつまで? 東北も大雪に(日直予報士 2018年12月11日) - 日本気象協会 tenki.jp  tenki.jp

    12日(水)の朝にかけて群馬や栃木は雪で、山は大雪の恐れ、平地も積もる所があるでしょう。東北も太平洋側を中心に雪が降り、仙台でも積もりそうです。


    (出典:tenki.jp)



    (出典 cdn.amanaimages.com)


    今季は小雪じゃないんかぁーーい 雪もドカ雪にならなきゃ問題ない!!

    1 名無しさん@涙目です。 :2018/12/09(日) 16:13:42.45 ID:m05AB3o90●.net BE:299336179-PLT(13500)


    (出典 img.5ch.net)

    9日朝から東北の日本海側は大雪に見舞われていて、青森県の酸ヶ湯では、車が埋まってしまうほどの雪が積もり、120cmと、今季最大の積雪量を観測した。

    酸ヶ湯温泉で働く人は、「雪あってこその酸ヶ湯かなっていうのはありますね。厳しい分、すごくきれいですよ」と話した。

    このあとも積雪はさらに増え、10日正午までの24時間に予想される積雪量は、東北の日本海側で40cmなどとなっている。

    また、北海道の陸別町では、氷点下23.1度となるなど、全国的に真冬のような寒さとなっている。

    予想最高気温は、北海道・札幌市で氷点下4度、宮城・仙台市で4度、東京都心で10度と、全国各地で8日よりもさらに低くなっている。

    厳しい寒さに注意が必要となる。 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181209-00407311-fnn-soci


    続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    流れ星って見たことないんだよな 見てみたいわ 今夜、頑張ってみっか・・・でもさみーよなぁwwwww

    1 アルカリ性寝屋川市民 ★ :2018/11/27(火) 22:36:49.99 ID:CAP_USER9.net

    一番の見ごろは14日深夜から15日明け方

    極大時刻は14日21時ごろ
    2018年のふたご座流星群の流れ星が最も多く流れる「極大時刻」は、12月14日21時(夜9時)ごろと予想されています。そこで、12月14日の宵から15日の明け方ごろにかけてが観察のチャンスです。ちょうど週末にあたり、多くの方にとって好都合でしょう。

    月明かりの影響は23時ごろまで
    流れ星の観察は普通の星空観察と同じく、街明かりや月明かりの影響を大きく受けます。じっくり見ることができないという点では、星空観察以上に影響が大きいとも言えます。

    今年は12月15日が上弦で、流れ星が見ごろとなる14日の月は23時(深夜11時)ごろに沈みますので、この時刻以降とくに好条件で流れ星観察ができるでしょう。街明かりの影響も小さい場所で眺めれば、多くの流れ星が見られそうです。

    見える数の予想
    見晴らしが良く空が開けた場所であれば、14日深夜から15日明け方には1時間あたり30~50個程度の流れ星が見えると予想されています。月が沈む前の時間帯や街明かりがある場所、視界が一部遮られているといった場合、見える数は半分から3分の1ほどになります。ふたご座流星群の流れ星は明るいものも少なくないので、市街地でもいくつかは見える可能性があります。なお、流れ星の速度は中程度です。

    極大の前後の日や異なる時間帯の場合、見える流れ星の数はさらに減ってしまいますが、それでも普段の(活発な流星群のない)時と比べれば流れ星を目にできる可能性が高い時期です。寒い時期なので無理は禁物ですが、暖かい服装で少し長めに空を見上げて流れ星を待ってみましょう。ふたご座流星群の活発度は「ピークに向かって徐々に上昇し、ピーク後は短時間で下降する」という傾向があるので、月明かりの影響が小さいこともあり、ピーク前のほうがピーク後より見やすいかもしれません。


    14日深夜22時から15日未明4時まで、南の空を眺めた様子。場所の設定は東京(ステラナビゲータでシミュレーション)

    (出典 Youtube)



    長すぎるので続きはソースで
    AstroArts 2018/11/19
    http://www.astroarts.co.jp/special/2018geminids/index-j.shtml


    続きを読む


    12月なのに…師走に夏日続出 全国300か所以上で12月の記録更新 12月なのに…師走に夏日続出 全国300か所以上で12月の記録更新
    …がこの時期としては勢力を強めているため、より暖かな空気が流入したことが気温上昇に繋がりました。
    (出典:社会(ウェザーニュース))



    (出典 www.qab.co.jp)


    新潟です。部屋の気温、暖房なしで25℃もあったぜ!!!!

    1 孤高の旅人 ★ :2018/12/04(火) 12:13:03.25 ID:CAP_USER9.net

    各地で季節外れの暖かさ 福岡・糸島市で25.3度
    12/4(火) 11:49配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181204-00406908-fnn-soci

    4日は、日本付近に季節外れの暖かい空気が流れ込み、朝から全国的に12月とは思えないほどの暖かさになっている。

    4日午前11時までの最高気温は、福岡・糸島市で25.3度まで上がり、12月としては統計開始以来、最も高い気温となった。

    九州では、このあと夏日地点が増えるとみられる。

    予想最高気温は、宮崎市や大分市で25度、福岡市で26度となっている。

    12月に夏日になれば、宮崎市では128年ぶり、福岡市と大分市では初めてのことになる。

    北日本もこの時期としてはかなり暖かく、札幌市は15度の予想で、12月としては統計開始以来、最も高くなる見込み。

    また、4日は日本付近に暖かく湿った空気が入り、広い範囲で大気の状態が不安定。
    午後は、急な雨や雷雨に注意が必要となる。


    続きを読む


    台風28号マンニィが発生しました
    台風28号マンニィが発生しました  tenki.jp
    (出典:tenki.jp)



    (出典 tr.twipple.jp)


    この時期に台風ねぇ あといくつ来るんだろうね・・・・

    1 ばーど ★ :2018/11/20(火) 23:00:02.39 ID:CAP_USER9.net


    (出典 smtgvs.weathernews.jp)


    20日(火)21時、トラック諸島近海で発達中の熱帯低気圧が、台風28号(マンニィ)になりました。

    ▼台風28号 11月20日(火)21時
     存在地域   トラック諸島近海
     大きさ階級  //
     強さ階級   //
     移動     西北西 15 km/h
     中心気圧   1000 hPa
     最大風速   18 m/s (中心付近)
     最大瞬間風速 25 m/s

    この先もしばらく西北西に進んだ後、フィリピンの東でスピードを落とし、ゆっくりと北上して沖ノ鳥島の近海へと進む予想です。
    ゆっくりと発達し、23日(金9頃には中心気圧は975 hPa、中心付近の最大風速は35 m/sと、「強い」勢力になる見込みです。

    まだ進路は不確定なものの、この先も日本列島への大きな影響は無いものとみられます。念のため、今後の情報には注意するようにしてください。

    ■台風の名前

    台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
    台風28号のマンニィ(Man-yi)は、香港が提案した名称で、香港にある貯水池(ダム)の名前に由来するものです。

    11月20日
    https://weathernews.jp/s/topics/201811/200325/amp.html


    続きを読む

    このページのトップヘ