にゃん友NEWS

なんだこりゃ!エッマジで!!あんなことこんなこと。
おもしろネタ、最新ネタを盛りだくさん毎日お届けします。

    カテゴリ:動物 > ペット


    270万円のクローン猫、亡き猫と「眠る場所まで同じ」と米飼い主歓喜 - livedoor
    飼い猫を失くした米国の夫婦が、その飼い猫のクローンをつくろうと計画。クローンメーカー会社に約270万円を投じ、誕生したクローン猫を家に迎えた。大喜びの夫婦によれ ...
    (出典:livedoor)



    (出典 image.news.livedoor.com)


    逆に死んでしまった猫ちゃんが可哀そう 死を受け止めるってその猫ちゃんとっても大事だと思う クローンは単なる人間のエゴだよ

    1 ニライカナイφ ★ :2019/07/02(火) 09:00:32.42

    ◆ 270万円のクローン猫、亡き猫と「眠る場所から性格まで同じ」と飼い主が歓喜(米)

    愛するペットと永遠に一緒にいたい―そんな願いを叶えるために、アメリカのある夫婦が愛猫のクローンを家族に迎えた。
    決して安いとはいえない金額を投じて亡くなった猫のクローンを得た夫婦は、現在幸せを感じているという。
    『New York Post』などが伝えている。

    米ノースカロライナ州シャーロットに住むブライアン・ブラーディックさん(43歳)と妻のアシュレイさんは1999年に結婚し、その頃からシナバン(Cinnabun)とジンジャー(Ginger)という2匹の猫と生活をともにしてきた。
    夫妻の子供達も2匹と一緒に成長し、家族にとってシナバンとジンジャーはかけがえの無い存在だった。

    ヒマラヤン猫のジンジャーは7歳で亡くなってしまったが、ブライアンさんは購入したブリーダーをたよりにジンジャーの父猫を捜し出し、その血統の子猫を2,000ドル(約215,000円)で購入して迎え入れた。
    夫妻はジンジャーを愛するあまり、最も近い血統ということにこだわったのだろう。

    しかし夫妻はシナバンが19歳を迎えた頃、シナバンの死後はジンジャーの時と同じように親を見つけることができないことを心配した。
    なぜならシナバンは動物保護施設「ヒューメイン・ソサエティ」から譲渡された猫だったからだ。

    そんな時ブライアンさんは、セレブや著名人がペットのクローンをつくらせたという記事を目にした。
    「その記事を見るまでペットのクローン化が可能だとは知りませんでした」とブライアンはのちに明かしている。

    そして妻のアシュレイさんに、シナバンのクローンをつくることについて相談した。
    アシュレイさんは反対することなく「むしろ私が考えなければならないものが、それだったのです」と快くブライアンさんに同意したそうだ。

    2018年8月、ブライアンさんは1,600ドル(約172,000円)のDNAキットをクローンメーカー会社「ViaGen Pets」から購入し、シナバンのDNAを収集するために皮膚片のサンプルを送った。
    同社は17年間にわたり馬や家畜のクローンを作成しており、3年半ほど前から猫や犬のクローンもつくり始めている。

    シナバンのクローンをつくる手続きを済ませた後は迎え入れるのを待つのみだったが、残念なことにシナバンは自分のクローン猫と対面する前の昨年10月30日に息を引き取ってしまった。
    大事な家族を失い悲しみに暮れた夫妻だったが、クローンをつくり始めていたことで多少は心が救われたという。

    そしてシナバンのクローンは今年の2月4日に代理母猫から生まれ、4月3日にブライアンさん一家のもとにやって来た。
    夫妻は、身体の模様から性格までシナバンとそっくりなクローン猫に大喜びしたという。
    ブライアンさんはそんなクローン猫について、次のように語った。

    「迎え入れた猫は亡くなったシナバンとまったく同じ場所で寝るんですよ。
    他の猫がそこに寝ることはありません。私か、もしくは妻の枕で頭の横に寄り添って寝るのが好きなんです。
    あとはキッチンの特定のスツールの上で寝るのが好きなところも一緒なんです」

    ちなみにクローンの子猫には「ブンブン」という名前をつける予定だったが、あまりにも亡きシナバンとそっくりだったために名前も同じ「シナバン」になったという。
    このたび夫妻は25,000ドル(約270万円)を「ViaGen Pets」に投じているが、同社では最近になって価格改定し、犬のクローンは50,000ドル(約540万円)、猫は35,000ドル(約378万円)の費用がかかるそうだ。

    ブライアンさんは「それは大金ですが、同じくらいの額をバケーションに使う人だっています。
    私達の猫はこれからの20年間をともに暮らしたいと思えるほど、特別な猫なのです。
    スポーツカーを買う人もいれば家を買う人もいますが、私達は全ての猫をクローン化するわけではありません」と述べている。

    夫妻は今回の決断について後悔はしておらず、再びシナバンと一緒に生活できることに喜びを感じていた。

    オリジナル

    (出典 i.dailymail.co.uk)


    クローン

    (出典 i.dailymail.co.uk)


    (出典 i.dailymail.co.uk)


    Techinsight(テックインサイト) 2019.07.01 18:12
    http://japan.techinsight.jp/2019/07/masumi06291342.html


    続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    ワイんちの猫16歳 名前呼ぶとニャーと鳴く 「ただいまー」も「いってきます」もわかってる気がする あと「おいで」も必ず近くに来る

    1 しじみ ★ :2019/04/05(金) 05:39:47.52 ID:CAP_USER.net

    ・上智大学の研究により、猫が自分の名前を認識していることが分かった
    ・自分の名前を呼ばれた猫が反応することから、言葉が区別できていると判明
    ・研究者によると、人にかまってもらいたいときだけ反応するという

     ネコは名前を呼んでも反応せず、そっけないイメージがあるが、自分の名前が呼ばれていることはきちんと認識していることが上智大の斎藤慈子(あつこ)准教授(比較認知科学)らの研究で分かった。

     英科学誌電子版に4日、論文が掲載された。

     家庭や猫カフェで飼われているネコ78匹を対象に、自分の名前と文字数が同じで抑揚が近い4つの言葉を呼びかけた後、名前を呼ぶ実験を行った。

     自分にとって意味のない言葉には最初を除いてあまり反応しなかったが、自分の名前には耳や尾を動かしたり、鳴き声を出したりすることから、他の言葉と区別できていると分かった。

     イヌは人間の言葉をかなり理解できるが、ネコについてはよく分かっていなかった。斎藤氏によると、イヌは人間と一緒に仕事ができるように個体の選別と繁殖が繰り返されてきたのに対し、ネコは共存しつつも積極的な選別が行われなかったため、人にかまってもらいたいときだけコミュニケーションをするようだ。

     斎藤氏は「ネコが名前に反応しないからといって、知能が低いわけではないことが分かった。人間の相手をするかどうかはネコ次第」と話す。


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    産経新聞
    https://www.sankei.com/life/news/190404/lif1904040036-n1.html


    続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    「つばき」短命だったなあ ご冥福をお祈りいたします それにしても「わさお」ながいきやなぁ

    1 nita ★ :2019/05/06(月) 13:41:22.18 ID:CDmjJYN39.net

    5/6(月) 12:55配信
    朝日新聞デジタル

     「ブサかわ犬」(不細工でかわいい犬)として人気の秋田犬「わさお」の妻「つばき」が5日夕、亡くなった。6歳だった。わさお一家が暮らす青森県鰺ケ沢町のイカ焼き店では、関係者が悲しみにくれている。

     つばきは2012年生まれの秋田犬。わさおの飼い主だった故菊谷節子さんが、自身が長期入院した際にわさおの毛が抜け落ちてしまったのを見て、「この犬は1匹にしてしまうと死んでしまう」と14年に妻として迎え入れた。16年には秋田生まれの「ちょめ」も「娘」として家族に加わり、菊谷さん亡き後もイカ焼き店の客を迎えてきた。

     わさおの活動を支援する「わさおプロジェクト」代表の工藤健さん(51)によると、夕方に散歩の準備をしようと工藤さんが小屋に入ったところ、ぐったりして息づかいが荒くなっていた。そばではわさおがほえていたといい、「つばきの異常を察知していたのかも」と工藤さん。急いで動物病院に連れて行き、酸素吸入などを試みたものの、午後5時過ぎに息を引き取ったという。

     一夜明けた6日は、悲報を知ったなじみ客らが朝から訪れ、つばきの写真が飾られた店で突然の死を悼んでいるという。工藤さんは「わさおも今朝から普段以上におとなしく、元気がない。つばきとは切っても切り離せない関係だった。私もあまりに急で受け止めきれない」と話した。(板倉大地)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00000014-asahi-soci


    続きを読む


    「世界一危険な鳥」に飼い主襲われ死亡 フロリダ - HuffPost Japan
    その鋭い爪は「ひと蹴りでどんな動物も切り裂くことができる」という。
    (出典:HuffPost Japan)



    (出典 www.studio-corvo.com)


    ペットに殺されるとか気の毒すぎ・・・・ ホントデカイ鳥だな

    1 チンしたモヤシ ★ :2019/04/15(月) 11:44:43.32 ID:1EAbND6b9.net

    75歳男性、飼っていた珍鳥に襲われ死亡 米フロリダ州
    CNN 2019.04.15 Mon posted at 09:51 JST
    https://www.cnn.co.jp/usa/35135727.html

    専門家によると、ヒクイドリは両足に長いがぎづめを持っており、危険と考えられている/Sunti/Shutterstock

    (出典 www.cnn.co.jp)


    (CNN) 米フロリダ州北部ゲインズビルに住む75歳の男性が、自宅で飼育していた大型の鳥「ヒクイドリ」に襲われて死亡した。当局者らがCNNに語った。

    現地のCNN系列局によると、男性は12日午前10時ごろに緊急通報の電話をかけた。続いて現場にいた別の人物からも救急出動の要請があった。

    男性は搬送先の病院で死亡した。襲ったヒクイドリは今も男性宅の敷地内にいて、当局が調べを進めているという。

    当局者らは事故との見方を示している。男性が転倒したところへヒクイドリが襲いかかったとみられる。

    ヒクイドリはオーストラリアとニューギニア島原産の飛べない鳥で、エミューと同じ仲間に属する。最大時速約50キロのスピードで茂みを走る。約2メートルの高さまで跳躍し、泳ぎもうまい。成鳥の体長は1.5メートル以上、雌の体重は70キロを超えることもある。脚の先にある10センチほどのかぎづめで敵を攻撃する。

    「世界で一番危険な鳥」とも言われ、フロリダ州の野生生物保護当局が定めた危険動物のリストでは、人に危害を加える恐れのある「クラス2」に分類されている。

    クラス1はライオンやトラ、クマなどの猛獣。クラス2には小型のワニやヒョウの仲間が含まれ、特殊なおりや相当の飼育経験がなければ飼えないことになっている。


    続きを読む

    このページのトップヘ