にゃん友NEWS

なんだこりゃ!エッマジで!!あんなことこんなこと。
おもしろネタ、最新ネタを盛りだくさん毎日お届けします。

    カテゴリ:動物 > ペット



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    ホントかわいそう・・・・強引にでも捕まえればよかったのに・・・いやな予感はしてたわ・・

    1 ガーディス ★ :2019/02/25(月) 17:36:26.51 ID:Bh+TgkPR9.net

    2019年2月25日 14時31分
    テレ朝news

     25日午前、東京・杉並区で目撃情報が相次いでいたミミズクが死んでいるのが見つかりました。

     警視庁によりますと、午前9時すぎ、杉並区梅里の歩道で「ミミズクみたいな生き物が死んでいる」と通行人から110番通報がありました。このミミズクは10日ごろから「住宅街にミミズクがいる」などの通報が警視庁杉並警察署に相次ぎ、通報を受けた警察官が保護するために出動するなどしていました。警視庁はミミズクの死骸を飼い主と名乗り出ていた男性の元に返したということです。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16072729/
    前スレ
    【速報】東京・杉並区で目撃されていたミミズクが死んでいるのが見つかる 警視庁
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551073155/


    続きを読む


    住宅街に“珍客”現る どこから来たの? - www.fnn.jp
    東京都内の住宅街に現れた「ミミズク」。 目撃情報が相次いでいるが、いったいどこにいるのか探してみた。 19日のお昼すぎに、東京・杉並区で撮影された映像。 カラスの ...
    (出典:www.fnn.jp)



    (出典 i.ytimg.com)


    人に飼われてたんだし早く捕獲しなきゃ死んじゃうわ・・・・ 飼い主さんちゃんとしようね

    1 ばーど ★ :2019/02/22(金) 08:11:06.35 ID:c6mK5QGS9.net

    東京・杉並の住宅街で目撃が続く放浪ミミズクの飼い主を「モーニングショー」が捜し出し、話を聞いた。新宿区に住む60代夫婦で、「掃除中にケージから出したときに窓が開いていて、逃げた」「まだ子どもで、名前はミミ」だという。

    「人に迷惑をかける」と平謝りで、警察に遺失物届を出ししていた。

    ■警察に遺失物届

    宇賀なつみキャスター「日本にはいないベンガルワシミミズクの可能性があり、体長は40~50センチ、夜行性でおとなしく、寿命は20年から30年だそうです。飼育に申請の義務はありません。警察は捕獲したら、飼い主だとはっきりわかれば引き渡すといっています」

    きのうは杉並区の目撃現場に夫妻も駆けつけ、「ミミ、ミミ」と呼びかけたが、ミミズクはわずかに反応するだけで降りてこなかった。

    高木美保(タレント)「巣立ちのつもりなら、本人(ミミズク)は戻る気がないかもしれませんね」

    2019/2/21 11:46
    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/tv/2019/02/21350867.html


    (出典 i.ytimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    関連スレ
    【お詫び】TBS「Nスタ」ミミズク報道で謝罪 本物と間違える「置き物でした。訂正してお詫びいたします。大変失礼しました」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550744482/


    続きを読む


    自転車や原付バイクで散歩してるやつはよく見かけるけど車はないわーーー
    これ、警察に通報していいレベルですが・・・・・

    1 プティフランスパン ★ :2019/02/17(日) 17:12:11.42

    2019/2/17 13:14 ■ 最終更新■
    https://breaking-news.jp/2019/02/17/047034

    (出典 breaking-news.jp)


    高齢の男性が車で犬の散歩をしている動画がTwitterに投稿され、大変な騒ぎとなっています。男性は歩道を走行していました。
    問題の動画は、60代~80代くらいとみられる高齢者が軽自動車に乗り、リードに繋いだ犬を車で引きずりながら散歩しているというものです。

    撮影者のKeita666さん(Twitter:@popularkt)がTwitter上に投稿して約14時間、既に約2万リツイートされており非難の声が殺到しています。

    以下は問題の動画。
    https://twitter.com/popularkt/status/1096766758919106560
    ※ 全文は記事でご覧ください
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    続きを読む




    こんなの通報するの当たり前だろ レイちゃんはもうおばちゃんなんだから穏やかに過ごして欲しいなあ

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/02/11(月) 02:36:58.34 ID:3+ALrViU0.net BE:416336462-PLT(12000)


    (出典 img.5ch.net)

    元記事
    飼い主のおばさんが犬を蹴る動物虐待動画がTwitter(ツイッター)で拡散され、大変な問題になっています。犬は無事、動物保護団体に保護された模様。
    (以下略)

    コメント
    ええー(2019/2/10 PM6:42)
    通報者の氏名・年齢を出す意味が理解できない
    今度は通報者が危機に晒される

    ゆう(2019/2/10 PM8:27)
    Twitterにてあげられた方が未成年にも係わらず本名を出す、こちらの記事の方がおかしい
    しかも、Twitterでは、こんな批判的な意見の方が少なかった
    皆さん通報者が未成年な事もご存知で通報者の方の心配も犬と同様にされている方の方が多かった
    この記事は虐待していたオバサンの見方の様な記事ですね
    本名の削除位されたらどうですか

    匿名(2019/2/10 PM9:26)
    ツイッターにあげた方の実名は即座に削除して下さい。危険が及んだら責任取って下さい。
    おかしいでしょ。

    匿名(2019/2/10 PM9:30)
    おい!
    加害者が匿名なのに、通報者の氏名を出すなんてありえないだろ!
    アホちゃうか?
    あんたの書いた記事を読み返せよ!
    未成年ってあるだろうが!

    この未成年の少年がどれほど勇気を持って通報してくれたのか?をまず一番に考えろ!

    名無し(2019/2/10 PM9:40)
    謝罪も無しに更新しました?

    匿名(2019/2/10 PM9:40)
    住所特定もやめて下さい。

    匿名(2019/2/10 PM9:43)
    発信元の方はこの件に関して一切のツイートを削除されました。
    こちらで公開された情報を元に、特定され発信元の方に何らかの危害が加わった場合、どのような責任を負われるのでしょうか?

    https://breaking-news.jp/2019/02/10/046888


    続きを読む



    (出典 userdisk.webry.biglobe.ne.jp)


    タイにいっぱいいるんだよね 飼うなら水族館だけに限定したら・・・ 

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/02/03(日) 21:36:57.87 ID:50GMj2Cn0●.net BE:842343564-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

    カワウソ密輸の可哀相過ぎる実態 ペットブームが事件を招いた? 〈週刊朝日〉
    2/3(日) 13:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190202-00000023-sasahi-soci


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    甘えん坊のコツメカワウソは、しっぽの先や指をおしゃぶりすることも。まるで人間の子どものようなしぐさをみせる(撮影:岩下明日香)
     コツメカワウソを密輸していた男らが外為法違反(無承認輸入)の疑いで警視庁に逮捕された。

    【写真】悶絶のかわいさのカワウソはこちら

     東南アジア原産のコツメカワウソは、国内では動物園や水族館でしか見ることができなかった。だが、テレビ番組に取り上げられたことで話題を呼び、ペットとして飼われている姿がSNSなどで紹介されるなど、その愛くるしいしぐさから人気に火がついた。

     同時に密輸も横行するようになった。昨年6月、小動物と触れ合う「コツメイト」(東京都豊島区)を営む、代表の長安良明さんの元に1本の電話がかかってきた。

    「毎週のようにコツメカワウソが入ってくる。何頭か買わないか」

     電話の主は密輸業者だ。

    「3頭連れてくると言っていましたが、現れた男は赤ちゃん2頭を売り込みに来ました。1頭は死んだとのこと。2頭も瀕死の状態でしたから。問い詰めると、密輸だと白状したのです」

     これが逮捕につながった。
     コツメカワウソを取り扱うあるペットショップでは、1頭約140万~約160万円で取引されている。高額だが、問い合わせは多く、予約を入れて入荷を待っている客もいるそうだ。

     コツメカワウソは、絶滅の恐れがある種とされ、ワシントン条約で輸出許可が必要な動物に指定されている。だが、いったん国内に入ると、密輸なのか、国内で繁殖されたのか判別しにくいという。

     なかには「国内ブリード」をうたい、密輸の隠れみのとしているケースもあるようだ。

    「現状、コツメカワウソの繁殖は、動物園でないと難しく、もし『国内ブリード』であれば、動物園からの販売許可証があるはずです。またはワシントン条約の書類が親のカワウソにあるはずです。それらの書類が提示できなければ、密輸が疑わしいでしょう」(長安さん)

     インドネシアから正規ルートを通過するコツメカワウソの首元には、マイクロチップを埋め込んで管理され、寄生虫予防の投薬などを済ませてから輸出される。


    続きを読む

    このページのトップヘ