にゃん友NEWS

なんだこりゃ!エッマジで!!あんなことこんなこと。
おもしろネタ、最新ネタを盛りだくさん毎日お届けします。

    カテゴリ: 動物



    (出典 pz-garden.stardust31.com)


    やるなぁーーー 弱肉強食だから仕方ないかwwwww

    1 すらいむ ★ :2019/02/06(水) 11:57:14.29

    男性がピューマを素手で絞殺、ランニング中に襲われ 米コロラド州

    (CNN)米コロラド州で、トレイルランナーの男性が野生のピューマに襲われて重傷を負った。
     男性は命がけでピューマを振りほどき、素手で首を絞めて殺したと話している。
     コロラド州公園野生生物局が5日に明らかにした。

     同局によると、男性は4日、1人でトレイルを走っていた際に物音を聞いて振り返ったところ、1頭のピューマが襲いかかってきた。

     男性はピューマに顔と手首を噛まれながらも、自分の命を守るために絞殺したという。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    CNN.co.jp 2019年2月6日 11時34分
    http://news.livedoor.com/article/detail/15981803/


    続きを読む



    (出典 image.space.rakuten.co.jp)


    劣悪な飼い方じゃ犬も切れるわな  飼い主最低!!!!!!

    1 僕らなら ★ :2019/01/27(日) 16:08:58.74

    闘犬用の犬種としても知られる「アメリカンピットブルテリア(ピットブル)」の管理を怠り、通行人ら3人にけがを負わせたとして、栃木県警大田原署は24日、飼い主で大田原市の農業の男(48)を重過失傷害などの容疑で逮捕した。

    発表によると、男は自宅で飼っていたオスのピットブル(体長約60センチ、当時2歳9か月)が逃げないよう、きちんとつないでおく義務を怠った結果、昨年10月14日午前、犬が首輪を切って敷地外に逃げ出し、近くに住む無職女性(88)やパート従業員女性(54)、通報でかけつけた同署の女性警察官(22)に次々とかみついたり飛びかかったりして、腕などにけがを負わせた疑い。

    同署は、男が犬の登録申請を市に行わず、狂犬病の予防注射を受けさせていなかったとして、狂犬病予防法違反容疑でも逮捕した。

    2019年01月27日 14時41分
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190127-OYT1T50062.html


    続きを読む


    ブレーメンの音楽隊? シマウマの背中に子ヤギ乗る 東伊豆|静岡新聞アットエス - @S[アットエス] by 静岡新聞
    東伊豆町稲取の伊豆アニマルキングダムでヤギの子供がシマウマの背中に乗り、グリム童話の「ブレーメンの音楽隊のようだ」と話題になっている。 シマウマの上に4本足で ...
    (出典:@S[アットエス] by 静岡新聞)



    (出典 i.ytimg.com)


    山羊ってバランスかなりいいんだよね ほっこりするわーーーー

    1 :2019/01/17(木) 23:54:20.32 ID:n9L6Ay269.net

    FNN PRIME 2019年1月17日 木曜 午後5:00
    https://www.fnn.jp/posts/00412320HDK

    ◾まるでブレーメンの音楽隊!

    静岡県東伊豆町にあるアニマルキングダムでヤギの仲間、マーコールの赤ちゃんがシマウマの背中に乗るようになり、注目を集めている。
    その姿はまるで、グリム童話の“ブレーメンの音楽隊”のよう。なぜ子ヤギはシマウマの背中に乗るようになったのだろうか?

    話題となっているのは、メスのシマウマ「ウマコ」と生後8か月のマーコールの赤ちゃん「きなこ」尻尾を引っ張ってじゃれており、お互い、とても慣れている様子だ。

    すると次の瞬間、きなこがウマコの背中に“ピョン”と飛び乗った。ウマコも嫌がっている様子はない。

    きなこは高さ約1.5メートルのウマコの背中から、まるで隣の檻の中にいる動物を眺めているかのようだ。
    この姿を見た来園者は…

    来園者:
    かわいい。すごいですね…仲良いのかな?

    サウジアラビアなど中東の山岳地帯に生息するヤギの仲間“マーコール”
    ペルシャ語で「野生のヤギの王様」という意味で大人になるとオスは立派な角を持つ。

    伊豆のアニマルキングダムには、ほかにも沢山のマーコールがいるがシマウマの背中に乗ったのは「きなこ」が初めてだという。

    伊豆アニマルキングダム 向原研治さん:
    びっくりしましたね…軽々とポンと乗るもので…小さいのに凄いジャンプ力だなと思いました。
    元々マーコール自体、高い山岳地帯に住んでいるので高いところは好きだとは思うんですけど、まさか
    シマウマの背中に乗るとは思わなかったですね…

    ◾背中に乗るようになったワケ

    一体なぜ、きなこはウマコの背中に乗るようになったのだろうか?

    アニマルキングダムによると一時期きなこの母親が体調を崩し、離れて暮らしていた。
    そのころから、きなこはウマコを慕うようになり、今年の正月ごろから、きなこはウマコの背中に乗り始めたという。
    ときには何度も背中に乗られ、ウマコも嫌がることもあるようだ。しかし、きなこにとってウマコの背中に乗って周りを眺めるのはしばらくやめられないようだ!

    https://www.fnn.jp/image/program/00412320HDK?n=12&s=nc
    https://www.fnn.jp/image/program/00412320HDK?n=13&s=nc
    https://www.fnn.jp/image/program/00412320HDK?n=14&s=nc
    https://www.fnn.jp/image/program/00412320HDK?n=1&s=12_l


    続きを読む


    電線渡るサルの群れ「ありえねぇで」 青森、再生70万回超 - 産経ニュース
    青森県むつ市で、サルの群れが雪原の上に張られた電線を器用に渡る動画が撮影され、話題になっている。ツイッターで公開されると「かわいい」「何回見ても飽きない」など ...
    (出典:産経ニュース)


    可愛すぎるんですけどwwwwww

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/01/09(水) 13:00:32.29 ID:ocsfTRwr0.net BE:228348493-PLT(16000)


    (出典 img.5ch.net)

    お猿さんの大群が、電線で綱渡り! サーカスみたいな衝撃動画、青森で撮影される
    https://j-town.net/tokyo/news/localnews/270161.html?p=all

    (出典 j-town.net)


    いきなり現れたサルの大群が、一斉に電線で綱渡り――。
    2019年1月7日、ツイッターに投稿されたこんな動画に、
    インターネット上で驚きの声が相次いでいる。

    まずは何より、動画の方を見ていただこう。
    途中でカメラの向きが大きく変わるが、首をかたむけてでも見る価値アリだ。

    「こんなん笑ってまうわ」
    こちらの動画、ツイッターユーザーのヨコヤマ(@baritone_666)さんが投稿したもの。
    少なくとも20匹以上のサルが、電線にぶら下がって綱渡りで大移動を見せている。
    まるで天然のサーカスのような光景だ。

    Jタウンネットがヨコヤマさんに話を聞くと、動画は青森県むつ市に住む
    実家の母親から送られてきたもの。サルが出没したのは7日の朝7時ごろで、
    実家の2階から撮影したそうだ。

    この辺りでは、普段からたまにサルが現れるというが、
    まさかの状況にヨコヤマさんも「こんなん笑ってまうわ」と驚きを露わに。
    撮影者の家族も動画の中で、

    「見て見て見て見てコレ、サル、サル。ありえないでっ!すごかったで、大群で来たのよ!」
    と興奮を隠せない様子だった。

    この動画に、ツイッターでは「たぶん、雪の上を歩くとサルでも足が冷たいんだろうね」
    「貴重で微笑ましい風景です」「コラ動画かって思うほど」といった反応が寄せられている。


    続きを読む


    堀井動物園の驚くべき飼育実態 死んだ動物は肉食動物のエサに - livedoor
    滋賀県にある堀井動物園の実態について、週刊女性PRIMEが伝えた。「あそこはよく動物が死ぬ」と、同園園長と数年来の付き合いがある知人男性。さらに死んだ動物を「 ...
    (出典:livedoor)



    (出典 www.horii-zoo.jp)


    これって本当に動物園なん 動物たちがかわいそ過ぎるわ

    1 ガーディス ★ :2019/01/05(土) 18:16:28.68 ID:CAP_USER9.net

    「堀井動物園に動物を飼育する資格はありません。動物を使い捨てにしている状態です。飼育知識がなくても珍しい動物がいたら欲しくなって購入したりするただのコレクターです」

     と訴えるのは長年同園の問題を指摘してきた動物保護団体PEACEの東さちこ代表。

    お騒がせ動物園の実態
     同園は滋賀県守山市にある個人経営の動物園。キリンやシマウマ、チンパンジー、人気TVアニメで注目されるようになったサーバルキャットやハシビロコウなどの大型動物ほか、ウサギや犬、猫、は虫類、鳥類、魚類など800種類1000匹以上を飼育している。

     移動動物園や同市のショッピングセンター内で「めっちゃさわれる動物園(1月15日閉園予定)」を展開する創業30年以上の老舗動物園だ。

     そんな同園が昨年8月、人に危害を加える恐れがあるため都道府県への届け出が必要なアビシニアコロブス(サル)とハクトウワシを無許可で飼育していた動物愛護法違反の疑いで在宅起訴され、地元で注目の的に。

     大津地裁は昨年12月28日、30万円の罰金を言い渡した。同園園長の堀井嘉智被告(55)は判決を不服とし、閉廷後に報道陣の取材に対し、「控訴する」と言い切った。

     実は同園は“お騒がせ動物園”として地元住民の間では有名だという。

    「飼育場の火災や動物の脱走、悪臭などで近隣住民とトラブルになってきました」(守山市の50代男性)

     取材を進めると裁判よりもめっちゃヤバイ、園の実態が次々に明らかになった。

     同園の動物は県内数か所で飼育されている。琵琶湖のほとりにある第2飼育場を訪ねると、塀の外からキリンやラマなどの大型動物が確認できた。

     飼育場のため内部は一般公開されておらず、プレハブの倉庫のような建物が並んでいるほか、動物の金切り声が響いていた。

    「堀井動物園の問題点は劣悪な飼育環境とずさんな動物管理。アニマルホーダー(多頭飼い飼育の崩壊)やネグレクト(飼育放棄)にも近い状態だと考えられます」

     と前出・東代表は語る。

     東代表は、同園を指導・監督する立場の県に情報公開請求するなどして園の運営実態の把握に努めてきた。

     すると2015年9月にアビシニアコロブス(サル)とハクトウワシの無許可飼育について県動物愛護センターが指導した記録や堀井被告の書いた顛末書などの存在が明らかに。県や警察も無許可飼育の事実を把握していたにも関わらず、当時捜査はされず、県による処分もなかったことがわかった。

     対応が甘いと考えた東代表らは2017年10月、県公安委員会に対して苦情申し出を行った。その結果、捜査が再開され、昨年3月に同園は書類送検された。

    動物がよく死ぬ動物園
     また、東代表は17年8月、調独自の実地調査を行い、第2飼育場の入り口でとんでもないものを発見した。

    「飼育場の前で車を降りると多頭飼育現場などでかぐ、独特のにおいが漂っていました。死臭だ、と思い、臭いの源をたどるとたい肥の入った袋があり、それをどかすと白骨化した羊(ムフロン)の頭がい骨が出てきたんです」(前出・東代表)

     警察に通報すると、動物園側は「標本作りに失敗し、新人が捨てた」と反論、骨は従業員が持って帰ったためその後は不明になっている。

     堀井氏と数年来の付き合いがある知人男性は、

    「あそこはよく動物が死ぬんですが、それを肉食動物のエサにしていると聞いたことがあります。それ以外はどう埋葬しているんでしょうね。コツメカワウソを仕入れたときも“いたけど死んじゃった。でも、すぐに新しいのを買ったから”って悪びれることなく周囲に言っていたそうです」

     今回、起訴案件となったサルとワシも実はもうすでにこの世にはいない。動物を譲った業者が取材に応じた。

    「アビシニアコロブスというサルですが、堀井氏に譲った4日後に死にました……」

     業者の元で飼育していたときは元気だったというが、

    「死因について尋ねると、堀井氏は“前の飼育者のせいだ。エサをあげていなかったんじゃないか”などと私のことを責めだしたんです。心当たりはありませんでしたし、死因を特定したかったので死体を返してくれ、と頼みました。しかし“返せない”と言ってきたんです」(前出・業者) 

     同時期に譲ったというハクトウワシも3年ほどで死亡。死因は特定されていない。 なぜ、同園の動物は次から次へと死んでしまうのか。

    チンパンジーは安くなった弁当を
    全文
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15831595/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    続きを読む

    このページのトップヘ