にゃん友NEWS

なんだこりゃ!エッマジで!!あんなことこんなこと。
おもしろネタ、最新ネタを盛りだくさん毎日お届けします。

    カテゴリ: 動物


    ゴキブリにまつわるあの噂 「1匹見つけたら100匹いる」は本当? - ウェザーニュース
    本格的な夏になると奴らが活発に動き出します。黒いテカテカしたあいつ、ゴキブリです。 一説には、「1匹見つけたら100匹いる」とも言われますが、あんなものが自分の ...
    (出典:ウェザーニュース)



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    ゴキブリいないわ その代わりうちにはネズミも猫もいるんだなぁ そのせいか

    1 記憶たどり。 ★ :2019/07/23(火) 11:00:03.80

    https://weathernews.jp/s/topics/201907/200135/

    本格的な夏になると奴らが活発に動き出します。黒いテカテカしたあいつ、ゴキブリです。
    一説には、「1匹見つけたら100匹いる」とも言われますが、あんなものが自分の身の回りにうじゃうじゃいると
    想像しただけでも気分が滅入ってしまいます。

    ところで、ゴキブリは「1匹見つけたら100匹いる」というウワサがありますが、これは本当でしょうか?

    ■数十匹~数百匹いると思って間違いない

    話を聞いたのは、殺虫剤メーカーのアース製薬で害虫の研究をした経験があり、ゴキブリの生態に詳しい渡辺優一さん
    (アース製薬・マーケティング総合企画本部)。

    結論から言うと「1匹見つけたら100匹いる」というのは、あくまでも通説であって、科学的に検証したことはなく、
    誰が言い出したのかも不明だそうです。

    とはいえ経験上、「家の中で1匹見かけたら、少なくとも数十匹~数百匹潜んでいると思って間違いない」ということです。

    これにはゴキブリの生態が関係しています。

    ■コロニーを作って生活している

    まず、ゴキブリは基本的に夜行性で、暗くて狭いところを好みます。警戒心が強く、人の気配がすると物陰に潜んで出てこないので、
    「見かけること自体がレア」ということです。

    特に卵を抱えたメスはより警戒心が強く、めったに暗がりから出てこようとしないので、実際に見るのはほとんどがオス。
    オスがいればメスもいるわけで、この時点で見かけた数の2倍はいるということがわかります。

    加えて、単独で生息することはなく、コロニーを作って集団生活しているため、1匹でも見つけたということは、
    家のどこかに隠れて潜んでいる仲間がたくさんいると思っていいわけです。

    ■繁殖する前の駆除が大事

    繁殖力も旺盛で、1匹のメスは1年半ほどの寿命の中で、1回につき22~28個の卵を15~20回産卵します。
    平均するとメス1匹が400匹以上に増えることになります。

    つまり、最初に侵入したのは雌雄一対ずつだったとしても、あっという間に数百匹になってしまうということです。

    特に、暑くなる7月~8月はゴキブリの活動がもっとも活発になる最盛期を迎えます。繁殖する前に駆除などの手を打つことで、
    ある程度、発生を抑えられるとのこと。1匹のゴキブリを見つけたら、駆除も本腰で取り組む覚悟が必要のようです。



    (出典 smtgvs.weathernews.jp)


    続きを読む


    動画:お客さんはまさかの…? すし店にペンギン2羽が迷い込む ニュージーランド - AFPBB News
    【7月17日 AFP】ニュージーランドの首都ウェリントン中心部に位置するウェリントン駅で16日、駅構内のすし店にコガタペンギン2羽が迷い込む出来事があった。
    (出典:AFPBB News)



    (出典 www.tv-tokyo.co.jp)


    お魚のあるとこ分かってんねwwww さすが!!

    1 チンしたモヤシ ★ :2019/07/17(水) 13:20:14.79 ID:CIwQbtBl9.net

    【映像】ペンギン駅前すし店に居座る ニュージーランドの首都で
    AP通信 7/17(水) 11:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00010000-aptsushinv-asia

    動画は記事のリンク先

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    ウェリントン、ニュージーランド、7月17日(AP)― ペンギンの中でも最も小さいコガタペンギンのペアが7月15日、南半球ニュージーランド北島のウェリントン駅近くで開業するすし店に“来店“、居座りそうだったため、自然保護局職員が呼ばれる騒ぎになった。
     実はこのペア、首都の道路をさまよっているところを警察に保護され、一度は海に帰されたが、警察を無視して再び上陸。今度はすし店の冷蔵庫の下に隠れた。
     ニュージーランド自然保護局によると、体長40センチ程度のコガタペンギンは、捕食者が入れないような狭い場所を好むというが、駅近くの繁華街に現れることは“珍しい“そうだ。
     ニュージーランドでは、コガタペンギンなど野生動物は法律で保護されているため、一般人が触ることや、捕まえることは違法。このため、すし店の経営者がサーモンをエサに冷蔵庫の下からペアをおびき出し、自然保護局職員の手を借りて保護することになった。

    (日本語翻訳 アフロ)


    続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    こんな事する奴ってどんな奴なんよ もう最低だな

    1 かに玉 ★ :2019/07/14(日) 16:43:00.91

     14日午前9時40分ごろ、滋賀県彦根市平田町のアパートで、くちばしにガムテープが巻かれたカモ1羽を住人の50代男性が見つけ、110番した。滋賀県警彦根署が鳥獣保護法違反の疑いで捜査している。
     同署によると、カモは体長約40センチの成鳥で、発見時、ベランダの3階で動かずじっとしていた。くちばしはガムテープで二重に巻かれていた。胴体も綿製のひも(太さ約5ミリ、長さ約80センチ)で結ばれていたが、羽を広げることはできる状態だったという。カモの種類は不明。
     同署の説明では、カモは弱っており、水を与えても飲む様子はなかった。同署員が午後1時15分ごろ、同市松原町の琵琶湖に放すと、湖面を泳いでいったという。


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000005-kyt-l25


    続きを読む


    あらゆる殺虫剤に耐性を持つゴキブリが激増中 - Newsweekjapan
    ゴキブリが耐性をもたない殺虫剤を使って駆除実験したところ、ゴキブリはわずか一世代で耐性を付け、個体数も増やし始めた。驚異の生命力に、近い将来殺虫剤では殺せ ...
    (出典:Newsweekjapan)



    (出典 www.seikatsu110.jp)


    ゴキブリ見てもそんなビビらんけど一杯いるとさすがにな でも、我が家にでは見ないな ネズ公はいるけどwwww

    1 ごまカンパチ ★ :2019/07/05(金) 07:55:18.19

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190703-00010004-newsweek-int
    <ゴキブリが耐性をもたない殺虫材を使って駆除実験したところ、ゴキブリはわずか一世代で耐性を付け、個体数も増やし始めた。
     驚異の生命力に、近い将来殺虫剤では殺せなくなるかもしれないと、研究者は警告する>

     害虫駆除業者が使う殺虫剤に対するゴキブリの耐性が増しており、近い将来、ゴキブリを化学薬品だけで抑え込むのは
    「ほぼ不可能」になるかもしれない、と研究者らが警告している。

    インディアナ州ウェストラファイエットにあるパデュー大学が最近発表したこの研究は、チャバネゴキブリの一種を対象にしている。
    世代を重ねるごとに、人間による個体数抑制の試みに対して耐性を身につけつつあり、今後ますます駆除が難しくなる恐れがあるという。
    ゴキブリは人間の健康に害を与える害虫なので、個体数の抑制は重要だと、科学者たちは指摘する。

    この研究を率いたパデュー大学の昆虫学教授マイケル・シャーフは、「これまで把握されていなかった問題だ」と言う。
    「ゴキブリは、複数の殺虫剤に対する耐性を一度に身につけつつあり、このままだと化学薬品だけで抑え込むのは不可能になる恐れがある」
    フロリダ大学の食料農業科学研究所では、今回の研究対象となったチャバネゴキブリは、ゴキブリのなかでも最も人間に知られた種類だという。
    「人間や人間の生活圏を離れては生きていけず」、食べ物や水に近い暖かい室内で繁栄する。

    <殺虫剤の効果検証をしてみたら>
     パデュー大学の研究者によると、これまでこうしたゴキブリの増殖を抑えてきた殺虫剤は、複数の薬剤を組み合わせて使うタイプで、
    そのうち少なくとも一つが効力を発揮してゴキブリを殺してくれれば成功、という仕組みだった。
    今回の実験は、こうした殺虫剤の効果の検証を目的に行われた。

    実験は、インディアナ州のインディアナポリスとダンビルという2つの街の住宅地にあるアパートで実施された。
    また、殺虫剤はユニバー・ソリューションズから購入したものを用いたと、論文には記されている。
    最初の実験では、3種類の殺虫剤を6カ月間、交互に使った。第2の実験では、2種類の殺虫剤を混ぜたものを6カ月使った。
    そして第3の実験では、開始時点でゴキブリが耐性を完全には獲得していないとわかっていた1種類の殺虫剤を、6カ月使用した。

    第1の実験では、個体数を最初のレベルに抑えることはできたが、減少させるまでには行かなかった。
    2種類の殺虫剤を混ぜて使う第2の実験では、どちらの殺虫剤も効果がなく、すぐに個体数が増加し始めた。
    しかし、最も予想外だったのは、第3の実験結果だ。

    <一世代で耐性が4~6倍に>
     一種類の殺虫剤だけを用いた実験では、使用した薬剤に対する耐性が低かったため、ほとんど完全に駆除できた。
    だが同じように1種類の殺虫剤を使って別の実験を行うと、ゴキブリの耐性が上がり、最終的には個体数が増加したのだ。
    シャーフによると、この実験で生き延びたゴキブリは、同じタイプの殺虫剤が「基本的に効かなくなる」だけでなく、そのゴキブリの子孫にも耐性が受け継がれる。
    さらに驚くべきことに、これらのゴキブリには、「それまでに散布されたことがなく耐性も持っていない」はずのほかの殺虫剤も効かなくなってしまうという。

    「たった一世代で、耐性が4倍から6倍に上昇することが確認された。これほどのスピードでこのような現象がなぜ起きるのか、理由は全くわからない」
    とシャーフは述べた。
    シャーフによれば、メスのゴキブリの繁殖サイクルは3カ月で、50匹の子が生まれる。
    たとえ少数でも殺虫剤が効かないゴキブリが発生すれば、問題はすぐに拡大する。
    最初は殺虫剤でほとんど駆除したと思っても、耐性を身つけたゴキブリが、数を何倍にも増やして逆襲してくる可能性があるからだ。

    対策としては、殺虫剤を使った駆除に、捕獲装置や衛生環境の向上を組み合わせるしかない、とシャーフは言う。

    前スレ (★1:2019/07/03(水) 23:53:12.28)
    【害虫】あらゆる殺虫剤に耐性を持つゴキブリが激増中 一世代で耐性が4~6倍に上昇 近い将来、殺虫剤では殺せなくなるかも ★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562243529/


    続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    可哀そうだけど可愛いわ 「どうしよ」って顔が悩ましいわwwww

    1 風吹けば名無し :2019/07/06(土) 15:01:12.61 ID:qHrmFlrJd.net

    nekooyaji@nanata35047722

    木の又に挟まれたがもがいて脱出に成功です。
    #多摩動物公園

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)



    https://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/


    続きを読む

    このページのトップヘ