にゃん友NEWS

なんだこりゃ!エッマジで!!あんなことこんなこと。
おもしろネタ、最新ネタを盛りだくさん毎日お届けします。

    カテゴリ: 食品


    原材料費も運送費も上昇 うまい棒が40年間守ってきた10円の価格 - livedoor
    ロングセラーを続ける“10円駄菓子”の「うまい棒」が今年発売40周年を迎えた。「チーズ」や「カレー」といった定番に加え、いまでも毎年1~2種類の新しい味を生み出している ...
    (出典:livedoor)



    (出典 dol.ismcdn.jp)


    うーーん 10円がいいけどな でも、15円でもいいかぁwwww

    1 ガーディス ★ :2019/06/23(日) 09:16:57.52

    「うまい棒」はなぜ40年間ロングセラーを続けられたのか
    2019.06.23 07:00

    ロングセラーを続ける“10円駄菓子”の「うまい棒」が今年発売40周年を迎えた。
    「チーズ」や「カレー」といった定番に加え、いまでも毎年1~2種類の新しい味を生み出しているのは、うまい棒ほかスナック菓子の企画・販売を手掛ける株式会社やおきんだ。
    なぜ、うまい棒は40年も不動の人気を保つことができたのか──。社長の角谷昌彦氏(55)に、これまでの歴史や苦労を振り返ってもらった。

    ──うまい棒は1979年に「ソース味」「サラミ味」「カレー味」を発売したのが最初ですね。

    角谷:はい。私はまだ高校生でしたが、父親がそれ以前からスナック菓子の開発に携わり、新しい味の駄菓子を作ろうと試行錯誤していました。

    当時、コーンスナックはすでに「カール」(明治)なども発売されていましたが、どれも定番の味は「チーズ」か「カレー」だったので、
    少し変わった味付けにしたいと開発したのが「ソース」や「サラミ」です。棒状にしたのも当時は珍しかったですしね。

    ──子どもの時に「サラミ味」を食べたときの感動は今でも覚えています。

    角谷:先代は、サラミなんて大人のツマミだから受けないのでは? と思ったり、1982年に発売した「めんたい味」も、辛めの味付けだったうえに、
    めんたいこ自体が関東ではまだ知られた食べ物ではなかったので、本当に売れるのか半信半疑だったそうですが、
    実際に発売したら子どもたちが喜んで食べてくれたので、非常に嬉しかったと聞いています。

    ──いま、うまい棒の人気ベスト3は、1位=コーンポタージュ味、2位=チーズ味、3位=めんたい味だそうですね。

    角谷:その時代によって消費者の好みも変わるので、定番になる味を出すのは簡単なことではありません。
    でも、いつも定番ばかりに頼っていると、一度飽きられてしまえば終わりなので、常にいろいろな味に挑戦しながら定番を改廃させていく形も必要だと思っています。

    ──うまい棒のヒットの要因のひとつは、なんといっても発売以来「10円」という値段を変えていないことにあると思います。

    角谷:そこはとても苦しいご時世なので、あまり強調してほしくないのがホンネです(苦笑)。

    これまで「安くておいしい駄菓子を作る」というコンセプトを基本ベースに、うまい棒であれば味と香りをつけるシーズニング工程でも決して妥協せず、
    製造元のリスカさんと一緒になって味の改良を重ねていけたからこそ、高品質と低価格を維持できています。

    10円という価格を守り続けてきた裏では、コツコツと工場の設備投資でオートメーション化を実現したり、
    配送コストを少しずつ削減させたりするなど、地道な効率化やコストダウンも図ってきました。

    しかし、いまはコーンや油など原材料のすべての価格が上がっていますし、運送費も上がっています。10月には消費税も上がりますね。
    これからも製造メーカーや原料メーカー、運送会社など、製造にかかわるすべての人たちの協力をいただき、
    できる限り10円で頑張りたいと思っていますが、厳しい状況に変わりはありません。

    私は“駄菓子は日本の文化”だと思っていますので、この文化を絶やさぬよう、各協力工場さん、販売店さん、そして消費者の方々とも一緒に小物菓子の市場を守っていけたらと思っています。

    全文
    https://www.news-postseven.com/archives/20190623_1396994.html

    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)


    続きを読む


    日本人は「餃子は煮るより、焼いた方が美味しい」と考えているらしい=中国メディア - ニコニコニュース
    中国の北部では小麦を使った料理が主食とされることが多い。たとえば万頭(マントウ)と呼ばれる蒸しパンや餃子がそれに該当するが、中国での餃子の食べ方は日本と違っ ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 c-www.gnst.jp)


    そうだよ 羽付きのパリパリがだーーーい好き

    1 みなみ ★ :2019/06/03(月) 20:22:26.15

    中国の北部では小麦を使った料理が主食とされることが多い。たとえば万頭(マントウ)と呼ばれる蒸しパンや餃子がそれに該当するが、中国での餃子の食べ方は日本と違って「水餃子」であることが一般的で、焼き餃子はあまりポピュラーな食べ物ではない。

     日本人にとって餃子といえば、あくまでも焼き餃子を意味する場合が多く、しかもご飯のおかずとしての「副食」という位置付けであることが一般的だろう。

     中国メディアの快資訊はこのほど、日本人も中国人も「餃子好き」であることは共通しているが、日中では食べ方が大きく異なっていると指摘し、日本人は「中国人が水餃子を食べる」ことを不思議に思っているようだが、日本人こそ水餃子の美味しさを知らないのだと論じる記事を掲載した。

     記事は、世界でもっとも餃子を好む国民が中国人であれば、「その2番手は間違いなく日本人である」と強調する一方で、日本と中国では餃子の食べ方が全く違っていると指摘。中国人にとって餃子はあくまでも「水餃子」として調理し、主食として食されているのに対し、日本人にとっては単なるおかずに過ぎないと指摘。水餃子よりも焼き餃子の方が美味しいと考えている日本人は少なくないと指摘する一方、中国人にとって焼き餃子は「手抜き料理」以外の何物でもないと主張した。

    以下ソースで読んで
    2019-06-03 11:12
    http://news.searchina.net/id/1679340?page=1


    続きを読む


    ちょっと前までチヤホヤされていた「いきなり!ステーキ」が、減速した理由 (1/4) - ITmedia
    ちょっと前まで、株価10倍、ブームの牽引役などとチヤホヤされていた「いきなり!ステーキ」(運営:ペッパーフードサービス)がうって変わってヤバいだなんだと叩かれている ...
    (出典:ITmedia)



    (出典 netatopi.jp)


    いきなりステーキ高いよな でも、手軽にステーキ食べれるからいいんだけどな

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/12(水) 12:39:04.56

    ちょっと前まで、株価10倍、ブームの牽引役などとチヤホヤされていた「いきなり!ステーキ」(運営:ペッパーフードサービス)が
    うって変わってヤバいだなんだと叩かれている

    2018年12月期決算(連結)は、売上高635億900万円(前期比75.3%増)に対して、最終利益はマイナス1億2100万円と8年ぶりに赤字となったからだ。

    低迷の原因として挙げられるのは、ステーキの本場でも手軽に食べられる業態を定着させたいと意気込んで進出した米国事業。
    ニューヨークで11店舗していて、そのうち7店舗を閉店することにともなって、12億円近い特別損失の計上が響いたという。

    また、パク……ではなく、似たようなコンセプトの店が雨後のタケノコのようにわいて出て、血で血を洗うレッドオーシャンになったことが原因だという指摘も多い。
    確かに、「ステーキ屋松」(松屋フーズ)、「やっぱりステーキ」(やっぱりグループ)、「アッ!そうだステーキ」(チムニー)、「カミナリステーキ」(モンテローザ)など、大喜利のようなノリでネーミングされた競合店が乱立しているのだ。

    これらが低迷を招いたのは間違いないだろう。
    が、個人的にはもうひとつ致命的な敗因があったのではと感じている。
    それは「店の出しすぎ」だ。具体的には、これまで数多くの外食チェーンを撃沈させてきた「500店舗の壁」にぶちあたったのだ。

    「ほにゃららステーキ」が参入
    ご存じのように、日本はすさまじい勢いで人口が減少している。
    が、営利企業のかじ取りをしている人たちの頭の中は全く逆の世界観で、「ビジネスとは右肩上がりで成長しなくてはならぬ」という強烈な思い込みがある。

    そうなるとどこかのタイミングで、来期は今期より成長、店舗数も増えて当たり前という企業の理想と、人口減少という現実がかみ合わなくなってくる。
    日本全国津々浦々で展開しているコンビニやファミレス、ファストフード以外の独立系外食チェーンの場合、その破たんポイントがだいたい「全国500店舗」前後に訪れるのだ。
    もうお分かりだろう、ブームの牽引役と持ち上げられたプレイヤーが、増えすぎた店舗と模倣店によって、かつての輝きを失っていくという意味では、「いきなり!ステーキ」の減速とまったく同じ構造なのだ。

    6月8日から開催されている20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議のレセプションで、振る舞われた食品の中で注目された「100%とんこつ不使用ラーメン」。

    大阪の店舗では、外国人観光客が長蛇の列をつくり、福岡本店は今や団体観光客が訪れる有名観光地になっている人気店なので、
    当然これからすごい勢いで店舗展開をしていくのでは? そんな風に尋ねたところ、社長は意外なことをおっしゃった。

    「国内は出しても150店舗くらいですね

    また、全席禁煙にしたことで、愛煙家から「そんなバカなことをしたら店が潰れる」と散々脅されながらも、プラス成長を維持している「串カツ田中」は鳥貴族同様に
    「1000店舗」を目標として掲げているものの、現状は221店舗(19年4月の決算説明資料より)と「鳥貴族」や「いきなり!ステーキ」ほどの出店ペースではない。

    6/11(火) 8:15 Yahoo!ニュース
    https://www.itmedia.co.jp/business/spv/1906/11/news044.html


    続きを読む


    納豆のからし、5人に1人が「絶対に使わない」 西日本に集中か - livedoor
    納豆に必ずと言っていいほど付いてくる「タレ・からし」。タレは入れるが、からしは迷う... という人もいるのではないだろうか。筆者は辛いものが苦手なので入れたくないの ...
    (出典:livedoor)



    (出典 inf-full.net)


    そうなんだぁ おいらは使うぞ派 それも最近。 それまでは捨ててたんだけんどなwwwww

    1 ひぃぃ ★ :2019/05/31(金) 17:37:57.22

    納豆に必ずと言っていいほど付いてくる「タレ・からし」。タレは入れるが、からしは迷う... という人もいるのではないだろうか。筆者は辛いものが苦手なので入れたくないのだが、捨てるのがもったいないので半分ほど使っている。

    Jタウンネットでは、2019年3月22日から5月27日の期間、「納豆のからし、使う?使わない?」という質問で読者アンケートを行った(総得票数:896票)。はたして、全国のみなさんはからしを使っているのだろうか――?

    ■「使わない派」が多いの地域は...

    選択肢は「絶対に使う」「よく使う」「たまに使う」「絶対に使わない」の4つ。まずは全国的にどの選択肢が多かったのか見てみる。

    最も多いのは、「絶対に使う」(53.5%)で過半数を占める。次いで「絶対に使わない」が20.5%、「よく使う」が16.5%、「たまに使う」が9.5%の順になっている。全体の約8割が、からしを使っていることが分かる。

    続いて、都道府県別の結果を見てみる。こちらでは「絶対に使う・よく使う・たまに使う」の回答者を使う派、「絶対に使わない」の回答者を使わない派に、また、使う派と使わない派で回答数が同じ場合は「結果が拮抗」に分類した。

    こうしてみると、「使う派」が圧倒的な割合を占めているのがわかる。「使わない派」が多かったのは、福井、広島、愛媛、長崎、鹿児島の5県のみ。「結果が拮抗」は、富山、徳島の2県だった。わずかではあるが、西日本ではからしを使わない傾向がみられる。

    ツイッターで「納豆」「からし」で検索してみると、入れる派からは、

     「納豆にからしを入れないやつは、日本人じゃない」
     「生まれて初めて納豆にからし入れて食ったけどちょー美味いやん」
     「納豆にからしたっぷり入れちゃって死にかけた...地球人の罠だな」

    といったコメントが見られる。美味しく頂いている人が多いなか、入れる量に失敗して苦しむ人も少なくないようだ。

    対して使わない派は、

     「納豆のからしがいつも余るんだけどメルカリで売れないかな」
     「納豆の食いすぎでからしの余り具合がえぐい」

    と「捨てられないからし問題」が起きている様子。食べないけどもったいないからとりあえず取っておく...ということを繰り返した結果、使わず結局捨ててしまうということになっているようだ。

    からし嫌いからしたら、使いもしない・勝手に付いてくる・捨てることもできないからしは地味に厄介な存在。業務スーパーなどではタレ・からしなしの激安納豆パックが売っているので、使わない派はこういったものを買うのも手だ。

    2019年5月31日 6時0分 Jタウンネット
    http://news.livedoor.com/article/detail/16543899/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    ★1:2019/05/31(金) 12:12:12.28
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559277399/


    続きを読む



    (出典 kitakan-navi.jp)


    マジでエコだね~~ 食べる気失せるけどwwww

    1 記憶たどり。 ★ :2019/06/09(日) 10:06:37.50

    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/517086/

    競輪選手が自転車をこいでかき氷を作る「競輪かき氷」が8日夜、北九州市小倉北区の黄金市場に登場した。
    市場で開かれた年1回の夜市で、日本競輪選手会福岡支部の男子選手が自慢の脚をフル回転させた。

    レースで実際に使う自転車と専用のかき氷器をチェーンでつなぎ、ペダルをこぐとかき氷器のハンドルが回る仕組み。
    競輪をPRして地域活性化につなげようと、同支部が500食分の氷を準備した。

    選手たちは次々とかき氷を販売。訪れた子どもたちも太ももを見て「筋肉もりもり」と大喜び。大車輪の活躍が夜市を盛り上げた。


    自転車をこいでかき氷を作る競輪選手

    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    続きを読む

    このページのトップヘ