にゃん友NEWS

なんだこりゃ!エッマジで!!あんなことこんなこと。
おもしろネタ、最新ネタを盛りだくさん毎日お届けします。

    カテゴリ: 食品



    (出典 pbs.twimg.com)


    何で全店じゃなくて一部?? おかわりする人のマナーかな・・・・

    1 ばーど ★ :2019/04/16(火) 07:14:33.94 ID:q9NKpvNC9.net

    定食チェーン「やよい軒」が16日から、これまで無料だったご飯の「おかわり」を関東の一部店舗で試験的に有料化する。やよい軒を運営するプレナスの担当者が毎日新聞の取材に明らかにした。有料化するのは全国378店舗のうち、東京、千葉、栃木、茨城の4都県の12店舗(約3%)。

     プレナス広報室は、「以前より、おかわりをしている人もしていない人も同じ値段を頂戴しておりましたが、その不公平感にご意見をいただいておりました。今回のテストは、改めて定食の価格とおかわり自由の価格を設定し、お客様の評価を把握する一環でテストを行います」とコメントした。試験的な導入のため、おかわりの料金は実施店舗によって異なり、30~100円の幅という。実施期間は未定。

     やよい軒は、弁当チェーン「ほっともっと」を展開するプレナスが運営し、定食や丼などのメニューを提供している。店内に炊飯器が置かれ、定食を注文した客はセルフサービス方式で自由におかわりができることが特徴の一つだった。【大村健一/統合デジタル取材センター】

    4/15(月) 17:26
    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000027-mai-bus_all

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    ★1が立った時間 2019/04/15(月) 17:34:45.43
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555329598/


    続きを読む



    (出典 s.aolcdn.com)


    みんなもってるかっていう理由女子には絶対的条件かもな 使い方が分からないとすぐ聞けるとかwwww

    1 僕らなら ★ :2019/04/13(土) 11:59:06.02

    いきなりですが、女子高生に人気のスマホって何だと思いますか? もちろん、iPhoneです。

    MMD研究所が2018年9月に発表した「2018年9月 中高生のスマートフォンシェア調査」によると、中高生の74.2%がiPhone、21.9%がAndroidスマホを持っているそうです。このデータで女子高校生だけ抜き出してみると、iPhoneが84.9%、Androidが13.8%と、iPhoneの圧倒的な人気がわかります。

    ちなみに、性別、学校別に見ると、男子中学生はiPhoneが50%、Androidが43.8%、女子中学生はiPhoneが73.7%、Androidが20.5%、男子高校生はiPhoneが67.2%、Androidが31.4%です。やはり男子より女子にiPhoneの人気が高いですね。

    なぜそんなにiPhoneが支持されているのでしょうか。

    まず、第一にAppleのブランド力です。「iPhoneはおしゃれ」というイメージが強いので、彼女たちは鏡を使って自撮りをするとき、リンゴのマークが写真に写り込むようにして撮影するとのこと。透明なケースで、iPhoneのリンゴマークを見えるようにしているという人もいました。

    最新機種へのこだわりはありません。「iPhoneだったら中古でも、古いシリーズでもいいからAndroidはやめて」という人が多いのです。彼女たちは、古いiPhoneでも色や大きさが好みであればずっと愛用して使います。そう、たとえ画面が割れていても、です。

    とはいえ、一日に何枚も写真を撮るので、「Xシリーズはよくわかんないけどカメラがすごくいいって聞いたから、Xシリーズ欲しい」といっている女子高生もいました。そういうふわっとした感じで10万円を超える高級機をねだられると、親もつらいところですね。

    「ケースの種類が豊富」という面でもiPhoneは人気です。女子高生たちは、お父さん世代のように家電量販店や通販でスマホケースを買いません。よく行く洋服店や雑貨ショップで、ポーチやアクセサリーと一緒にスマホケースも探すのです。そこにずらりと並ぶのは、iPhoneのケースばかりです。

    例えば、店内の商品がすべて390円の「サンキューマート」、流行の先端を行く服が手に入る「WEGO」、センスの良い雑貨ショップ「ヴィレッジヴァンガード」など、女子高生たちが立ち寄るショップが扱っているケースのほとんどがiPhone用です。しかも、iPhone 6以降に対応しているケースが多い販売されているので、型が古くても選び放題というわけです。

    そして、女子高生がiPhoneを持つもっとも大きな理由は「みんなiPhoneだから」。みんなで撮った写真を渡すとき、彼女たちはiPhoneの「AirDrop」機能を使います。AirDropはWi-FiとBluetoothを使う共有機能で、写真を何枚送り合っても通信量はかかりません。つまり、毎月毎月、データ通信量との戦いを繰り広げている女子高生にとって「エアドロはまさに神」。

    ところが、Androidの人にはLINEなどでシェアしなければなりません。それ以外でも、「このアプリ便利だよ」と教えてもらったアプリがiOS版しかなかったり、使い方がわからなくても周囲に聞ける人がいなかったりと、Androidでは不便と感じるシーンが多いのでしょう。

    ある女子高生は、キッズケータイからガラケー、Android、iPhoneと渡り歩いたそうです。高校生でようやくiPhoneデビューが果たせたと当時を振り返って嬉しそうに話してくれました。中学生は親の意向が大きく影響するため、価格面などからAndroidになることが多く、高校生で念願のiPhoneなのですね。もちろん、親がiPhoneだから子どももiPhoneというご家庭も多いので、国内シェアが大きいiPhoneは今後も安泰なのかもしれません。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16305704/
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555118493/


    続きを読む



    (出典 www.shiseido.co.jp)


    ワイは、白身ごと入れる卵 梅 キムチうまいよな ゆかりやってみよっ!!!!

    1 みなみ ★ :2019/04/13(土) 07:59:27.51

    4/12(金) 20:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010000-cookpadn-life
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010000-cookpadn-life.view-001

    納豆にだってチョイ足ししたい!

    白いご飯にかけるものといえば卵か納豆のほぼ二択。ですが、TKGは気軽にチョイ足しできるのに対し、納豆にはチョイ足しできるレシピが少ないと思いませんか?
    .
    かといってチョイ足しをしようにも、もともとの味が強烈すぎてなかなか冒険できないのが納豆。というわけで、今回は味覚センサーで納豆にチョイ足しすると美味しいものを検証してみました!

    納豆にチョイ足しして美味しいものはどれだ!?

    今回用意したのはヨーグルト、牛乳、豆乳、まぐろ、しらす、おくらの6種類です。

    これらを、味覚の可視化ができる味覚センサーのレオくんで検証。基本5味(甘味・旨味・苦味・塩味・酸味)のチャートを抽出し、納豆とそれぞれの食品との相性度を測りました。

    その結果がこちら。

    1位:納豆+ヨーグルト 96.9点

    ぶっちぎりの1位が納豆+ヨーグルトです。納豆の旨味・塩味とヨーグルトの酸味がちょうど良いバランス。お互いの味を引き立てあって相性バツグンという結果に!

    以下ソースで読んで


    続きを読む


    細川直美、ポケモンドーナツ1時間で売り切れに「は、早い」 - ニフティニュース
    女優の細川直美が、29日に自身のアメブロを更新。ミスタードーナツが“ポケモン”とコラボしたドーナツを買いに行った際のエピソードを紹介した。細川は「ポケモンのドーナツが ...
    (出典:ニフティニュース)


    細川 直美(ほそかわ なおみ、1974年6月18日 - )は、日本の女優。本名・葛山 知保(かつらやま ちほ、旧姓・細川)。夫は、俳優の葛山信吾。オスカープロモーション所属。 神奈川県横浜市戸塚区出身。兄が1人いる。横浜市立名瀬中学校、明大中野高等学校(定時制夜間部)卒業。
    15キロバイト (1,853 語) - 2019年2月18日 (月) 00:48



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    この人よく知らんがきれいな人やね ポケモンドーナツかわいすぎーーー

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/29(木) 18:31:17.29 ID:CAP_USER9.net

    女優の細川直美が、29日に自身のアメブロを更新。
    ミスタードーナツが“ポケモン”とコラボしたドーナツを買いに行った際のエピソードを紹介した。

    細川は「ポケモンのドーナツが発売されて少し落ち着いた頃かな?と覗きに行ってみました」と報告。
    しかし続けて、ショーケース内に「終了しました」と表示されている写真を公開し、「やっぱり売り切れ」と苦笑いした様子でつづった。

    店のスタッフに「いつも何時頃に売り切れになりますか?」と聞いたところ、「販売から一時間位で無くなります」との返答があったといい、「は、早い」と驚きを隠せない様子。
    「ドーナツのお持ち帰りパッケージがポケモンで可愛かったので、こちらで満足しよ」とパッケージの写真を公開し、「久しぶりのドーナツ 美味しかったな」と満足そうに述べた。

    この投稿に「先日ミスドでポケモンドーナツ買いましたが、開店から30分位で残り1個になってました」「近所のミスドでは1日11個しか作らないと言われました」
    「人気なのですね。一時間で売り切れてしまうなんて」「ポケモンドーナツリベンジ出来るといいですね!」などのコメントが寄せられている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15666895/
    2018年11月29日 17時40分 アメーバニュース


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 cdn.bg-mania.jp)


    (出典 img.nijimen.net)


    (出典 animeanime.jp)


    (出典 www.misterdonut.jp)


    (出典 hobby.dengeki.com)


    続きを読む



    (出典 iki-toki.jp)


    初めから天ぷら屋に来るなってwwwww

    1 僕らなら ★ :2019/04/08(月) 01:11:56.44

    天ぷら屋で、女性客が「天ぷらの衣」をはがして食べていたところ、店主が激怒して、追い出されてしまった――。ヤフー知恵袋にそんな投稿があって、ネット上で話題になっている。

    おそらく男性と思われる投稿者は、天ぷら屋で合コンをしていた。相手の女性たちは、ダイエット中だったのか、カロリー制限のために天ぷらの衣を取り除いて食べていたという。その様子を見ていた店主が、次のように退店を迫ってきたというのだ。

    「あなた方の行為は我々に対する侮辱です」「当店が自信と誇りを持って提供する天ぷらをこのようにして食すことを我々は望んでいません」「特に衣の食感は我々が力を入れているところであり、それを取り除かれることは大変遺憾であります」

    女性たちは不服そうで、投稿者の友だちは合コンを台無しにされたことについて怒ったそうだ。代金を求めなかったことから、店主のプライドを傷つけたのかもしれない。「マナー違反」と言えるかもしれないが、法的にはどうなのだろうか。石崎冬貴弁護士に聞いた。

    ●食べ方のルールを書いた張り紙が必要だった
    「『とんかつの衣はがし』『焼き鳥の串外し』『寿司のシャリ残し』ときて、今度は、天ぷらですか・・・。天ぷらなんて、まさに衣で揚げたものを言うのであって、『何を食べに来たのか』という店主の気持ちは、手に取るようにわかります。私がたまに行く天ぷら屋でも追い出されると思います(笑)。ただ、純粋に法的に、ということであれば別の話です。

    基本的に、客がどんな店に入るのかを自由に選べるのと同じように、店も、客を選ぶことができます。そして、食べ方についてのルールを守れる客だけを入店させることも自由です。

    たとえば、あらかじめ『店主の指示した食べ方を守っていただかないお客様は退店していただきます』といった張り紙でもしてあって、客がそれを見て入店した場合、店と客さんとの間には、そのルールに従って食事をするという合意があったといえます。

    この場合、その食べ方を守らなかったとしたら、店側は、退店してもらうことができると考えられます。

    逆に言えば、そのような明示的な合意がない今回、法的には、店側が客に退店を求めることは難しいでしょう。その後の食事の提供を拒否したことは、一方的な債務不履行といわれる可能性があります」

    http://news.livedoor.com/article/detail/16279312/

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1554646488/


    続きを読む

    このページのトップヘ