にゃん友NEWS

なんだこりゃ!エッマジで!!あんなことこんなこと。
おもしろネタ、最新ネタを盛りだくさん毎日お届けします。

    カテゴリ: 商品


    カーナビ vs スマホのナビアプリ どちらを使っている人が多いか大調査!【みんなの声】|特別企画【MOTA】 - https://autoc-one.jp/
    知らない場所へドライブするときに、私達の力強い味方となるのがカーナビ。遠方に行く頻度の高い方なら、お世話になることも多いのではないでしょうか。 一方、近年では ...
    (出典:https://autoc-one.jp/)



    (出典 carcareplus.jp)


    満足な時もあればそうでない時もある 特に遠出はカーナビが見やすくていいかも

    1 ひぃぃ ★ :2019/08/02(金) 21:31:41.14

    ■長い地下道では自車位置を見失ってしまうことがある

     いまどきのドライブにおいてカーナビは必須。とはいえ、インパネにインストールするカーナビにするのか、スマートフォン(スマホ)のナビ機能を利用するのか、はたまたダッシュボード上にセットするポータブルタイプのPNDを購入するのか、選択肢はさまざまだ。

     スマホのナビアプリは地図データが常に最新版というのがメリットであり、アドバンテージ。しかも無料でも十分に使えるアプリもあるのだから、わざわざカーナビを購入する必要はないと思ってしまいがちだ。さらにスマホの通信機能を利用して、ユーザーの交通情報を共有することもできるので、ルート検索での到着予測時刻なども割合に正確。デメリットはないようにも思える。

     しかし、自動車メーカーは純正ナビを用意しているし、標準装備しているケースも珍しくない。さらにアフターパーツとしての後付けナビもどんどん進化している。はたして「スマホナビ」では不十分というケースはあるのだろうか。

     カーナビが自車位置を測定するのには、基本的にはGPSと呼ばれる衛星を使った測位のみを使っている。そのためトンネルや地下道といった環境においては自車位置を見失ってしまうことがある。たとえば、東京の首都高にある全長18.2kmの山手トンネル(日本でもっとも長い道路トンネルだ!)のなかでは、まったく働かなくなってしまう。

     自車位置を見失うだけならまだしも、その状態で自動的にリルート(再探索)をされてしまうとドライバーは混乱してしまうだろう。ましてトンネル途中で出なければいけないルートでは致命的だ。しかし、純正カーナビなどは車両からの速度信号を得ることでトンネル内でもそれなりに正確に位置情報を得ることができる。

     トンネルなどGPSが遮断されるルートを日常的に走っているならばナビに頼らずともいいだろうが、道がわからないまま山手トンネルを走るようなドライバーにとっては自車位置を見失うのはストレスであろうし、道を間違える要因にもなる。つまり、ナビとして体をなさないということになってしまう。

    ■スマホの攻めすぎたルート案内に苦戦することも

     また、一部のスマホナビでは「攻めた」ルートを示すということが問題視されていることもある。行き止まりの道や歩行者専用道路に案内してしまうといった間違いは確実に修正されているようだが、幅が狭かったり、曲がり角がきつかったりといった、いわゆる地元民しか使っていないような道をルートとして提示することはまだまだ起きているようだ。それによって住宅街を抜け道として使うという問題が起きている。クルマのサイズによっては物理的に走れないこともあるという。

     一方、多くのカーナビでは狭い道には案内しないような制限をかけるなどして、そうした問題は起きないように考えられている。たしかに抜け道を指示してくれるのはありがたい面もあるが、確実性という点では従来型のカーナビの安心感というのは、まだまだアドバンテージだ。

     そして、いまやカーナビの画面というのは地図を表示するためだけのものではない。バックモニターほかクルマの周囲を表示するパーキングアシスト機能のディスプレイとしての機能も重要になっている。しかし、スマホを利用している限りはそうした機能を追加することは難しい。たしかに無線を利用したカメラの映像をスマホに映すことはできるが、リバースギヤと連動して、サッと画面が切り替わったり、クルマを見下ろしているような合成画像を表示するという点ではカーナビに一日以上の長があるといえる。

     それでもコスト面や情報アップデートの面からスマホナビのメリットは無視できず、スマホをナビとして利用したいというドライバーは多いことだろう。

     最後に、スマホナビを利用する際の注意点をお伝えしたい。課題は、電源確保と温度上昇への対応。ナビアプリを動かしていると、かなり電気を喰うため、短時間ならまだしも基本的には充電ケーブルをつないでおくことが基本になる。

     そして、電気を喰うということは発熱量も増えるということだ。ダッシュボード上など直射日光が当たる場所に置いているとスマートフォンが熱くなってしまう。とくに夏場において日常的にスマホナビを利用するのであれば、なんらかの熱対策は考えておく必要があるだろう。

    2019年7月30日 6時20分 WEB CARTOP
    https://news.livedoor.com/article/detail/16850914/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    続きを読む


    ジーンズ量販店の店舗数が減少 若者のジーンズ離れが背景に - livedoor
    ジーンズ量販店の店舗数が減少している。若者のジーンズ離れや過去の拡大路線の反動などが背景にある。大手ジーンズ量販店は、既存店の閉鎖や商品構成を見直し ...
    (出典:livedoor)



    (出典 c.imgz.jp)


    確かに若い子のジーンズ姿は見かけなくなってるわ 特に夏は暑くて無理なレベル

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/11(日) 05:31:41.35

    ◇不採算店の閉鎖

    ジーンズ量販店の店舗数が減少している。
    若者のジーンズ離れや過去の拡大路線の反動などが背景にある。
    大手ジーンズ量販店は、既存店の閉鎖や商品構成を見直し業績回復を狙う。
     「Mac-House」を展開する(株)マックハウス(TSR企業コード:292077629、JASDAQ)は、ピークの2009年2月期には567店を展開していた。
    だが、その後は不採算店の閉鎖を進め、2019年2月期は398店まで減少した。
    売上高も2009年2月期の566億5000万円から、2019年2月期は280億900万円まで半減した。
     マックハウスの担当者は「従来のようなナショナルブランドのジーンズより、低価格帯を好む層も増えた。
    他社も低価格のプライベートブランドのジーンズに力を入れている」と業界動向を説明する。
    今後は「これまでのロードサイド大型店の出店を見直し、ショッピングセンターを中心に展開する。
    客層の裾野を拡大するため、ファミリー層も意識していく」とジーンズ以外の衣料品の底上げを示唆する。
     「Right-on」を展開する(株)ライトオン(TSR企業コード:280213751、東証1部)は、2015年8月期の516店をピークに2019年8月期第2四半期時点で492店へ減少した。
    2009年8月期に1006億600万円だった売上高は、2018年8月期は767億9800万円へ約23%落ち込んだ。ライトオンの担当者は、「ジーンズが売れず、他の衣料品も苦戦を強いられ不採算店を閉鎖してきた」と説明。
    拡大路線から舵を切り、「(当面は)新規出店を控え、ショッピングセンターをメインとした既存店の収益確保に努める」と話す。
     「JEANS MATE」を展開する(株)ジーンズメイト(TSR企業コード:710101767、東証1部)も、2012年2月期の117店から2019年3月期には76店へ減った。
    売上高は2012年2月期の115億3300万円から2019年3月期には85億7900万円まで減少した。ジーンズの売場面積の縮小や、ジーンズからライセンスブランド商品へラインナップを切り替えている。
    こうした矢継ぎ早の改革で利益は復調している。ジーンズメイトの担当者は、「地域によってはジーンズ以外の商品で売場を構成せざるを得ない」と漏らす。

    ◇ジーンズ以外の商品に商機
     有名人が広告塔に起用されたジーンズは、かつては憧れの対象だった。
    しかし、昨今はジーンズ量販店ですら、主力商品の座から追われている。
    商品にはライフサイクルがあり、消費者に飽きられないよう常に「新鮮さ」と改善が求められる。
    普遍の存在と思われてきたジーンズも栄枯盛衰からは逃れられない。もはや例外や定番など存在しない。

    (東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2019年8月9日号掲載予定「Weekly Topics」を再編集)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00010005-biz_shoko-bus_all
    8/8(木) 15:00配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    続きを読む


    【発売延期】マツダ3、スカイアクティブX搭載車の発売が12月まで遅れる理由 – driver@web - driver@web
    マツダは公式ホームページ内で、Mazda3(マツダ3)のSKYACTIV-X(スカイアクティブX)搭載グレードの発売が、これまでの「2019年10月発売予定」から「2019年12月 ...
    (出典:driver@web)



    (出典 news.mynavi.jp)


    ハイオクねーー。 高いじゃん。 マツダってディーゼル車が売りじゃないのかねー

    1 ばーど ★ :2019/08/09(金) 07:38:32.53

    マツダは5月に国内投入した新型の小型車「マツダ3」で、新型エンジン「スカイアクティブX」を搭載したモデルの発売を延期すると発表した。従来予定していた10月から、12月中旬に変更した。国内向けにはレギュラーガソリン推奨仕様で用意していたが、ハイオク仕様に切り替えることに決め、調整期間が必要になったという。

    新型エンジンは燃費を改善して走行性能も高めた。マツダ3から搭載を始めた同社の戦略の要だ。7月に欧州で開催したジャーナリスト向けの試乗会で、ハイオク仕様が加速や静粛性の面で高評価を受けたことから、国内向けもハイオク仕様で出すことにしたという。

    2019年8月8日 18:01 日本経済新聞
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO48376030Y9A800C1LC0000?s=2


    続きを読む


    ふるさと納税:エアガン返礼品、批判相次ぎ中止 岩手・花巻市 - 毎日新聞
    岩手県花巻市がふるさと納税の返礼品にエアガンを加えたところ、インターネット上で批判が上がり、市は3日、取り扱いの中止を決めた。市の担当者は「返礼品として不適切 ...
    (出典:毎日新聞)



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    ふるさと納税の返礼品は食品限定にしちゃえよwwww

    1 ガーディス ★ :2019/08/04(日) 17:56:19.47

    岩手県花巻市がふるさと納税の返礼品にエアガンを加えたところ、インターネット上で批判が上がり、市は3日、取り扱いの中止を決めた。市の担当者は「返礼品として不適切だった」と釈明した。

    https://mainichi.jp/articles/20190804/ddm/041/010/084000c

    有) KTW @ktw025hanamaki
    岩手県花巻市にあるエアーソフトガンメーカーです。商品など、お問い合わせについては当社ホームページの「お問い合わせ」にお願いします。 工場の営業時間は9:00から18:00 なお、土日・祝日は基本的にお休みです。
    https://twitter.com/ktw025hanamaki

    有) KTW @ktw025hanamaki
    【何だったろう・・・】
    「KTW製品をぜひ」と市の担当者に懇願され、「1丁だけだよ」とOKした結果がこれでした。
    #KTW

    ふるさと納税の対象になったエアガン
    ウィンチェスターM1873カービン
    西部劇に必ず登場するピストルがコルトで、ライフルはウィンチェスターです。 コルト・ピースメーカー(SAA)とウィンチェスターM1873は、「西部を征服した銃」という、アメリカ史上に名文を残しました。KTWはウィンチェスターM1873カービン・モデルをエアーソフトガンとして、作動・外観を忠実に再現しました。ストックはプラ製ですが、銃本体は全金属製です。2018年より黒染め仕上げになって新発売。 

    (出典 ktw-co.gonna.jp)

    http://ktw-co.gonna.jp/winches_m73.html
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    続きを読む


    たばこ、1箱10円値上げ 「メビウス」は490円に 「プルーム・テック」は据え置き - ねとらぼ
    日本たばこは8月6日、消費税率の10%への引き上げに伴い、10月1日から紙巻きたばこなど115銘柄の値上げを財務相に認可申請したと発表しました。紙巻きたばこは1箱 ...
    (出典:ねとらぼ)



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    喫煙者いじめは止まらんね いっそのこと大麻のように違法にしちゃえばいいのにな 禁煙勝利者よりwwww

    1 ガーディス ★ :2019/08/07(水) 10:27:45.46

     日本たばこ産業(JT)は6日、10月1日の消費税増税に合わせ、たばこ商品の値上げを財務省に申請したと発表した。

     認められると、紙巻きの主力銘柄「メビウス」(20本入り)が490円、「セブンスター」(同)が510円など、大半で10円の値上げとなる。

     紙巻きと、火を使わない加熱式たばこを含め10月の値上げ対象は計115銘柄。このうち、市場が急拡大している加熱式については、低い税額を紙巻きに近づけるため、2022年まで段階的にたばこ税を引き上げることが決まっている。

     これを踏まえ、JTは10月から高温加熱式の新商品「プルーム・エス」用の詰め替え品(20本入り)を10円上げて490円とする。従来の低温加熱式「プルーム・テック」用は490円のまま据え置く。

     一方、旧専売公社時代に「3級品」に指定された低価格の紙巻きについては、軽減税率の適用が9月末で廃止される。大衆に親しまれてきた「ゴールデンバット」(現行330円)、「エコー」(同350円)、「わかば」(同360円)など6銘柄はいずれも90円の大幅な値上げとなる。 

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16889962/


    続きを読む

    このページのトップヘ