にゃん友NEWS

なんだこりゃ!エッマジで!!あんなことこんなこと。
おもしろネタ、最新ネタを盛りだくさん毎日お届けします。

    カテゴリ: 商品


    首都圏のタワーマンションがパタリと売れなくなった…一時、契約率3割の記録的低水準 | ビジネスジャーナル - Business Journal
    首都圏の新築マンションが売れません。民間調査機関の不動産経済研究所では、毎月、その月に発売された新築マンションのうち何%が売れたかを示す契約率を調査してい ...
    (出典:Business Journal)



    (出典 r-jpg.sakura.ne.jp)


    タワーマンションね あんま魅力を感じない ある程度いきわたってことかな そもそも作り過ぎなんじゃないか

    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/25(土) 08:01:50.38

    ◆首都圏のタワーマンションがパタリと売れなくなった…一時、契約率3割の記録的低水準

    首都圏の新築マンションが売れません。
    民間調査機関の不動産経済研究所では、毎月、その月に発売された新築マンションのうち何%が売れたかを示す契約率を調査しています。
    70%が好不調のボーダーラインといわれていますが、図表1にあるように首都圏ではこのところ70%を切る厳しい状態が続いています。

    ■ バブル崩壊時以来の契約率50%割れも

    2017年はそれでもまだ70%台を維持する月が少なくなかったのですが、2018年に入ると3月に一度70%を超えて以来、2019年2月まで11カ月連続して70%割れが続いています。
    わけても、2018年12月には49.4%と、1991年のバブル崩壊時以来という50%割れを記録しました。

    その売行き悪化の象徴が超高層マンションです。
    20階建て以上の超高層マンションは、眺望がいいことやステータス感もある上、駅前再開発の好立地や人気の高い湾岸エリアなどに建設されることが多いこともあって、極めて高い人気を得てきました。
    超高層マンションを売り出せば即日完売が続き、首都圏全体の契約率が70%のときでも、超高層だけは80%、90%と高い契約率を誇ったものです。

    ところが、その超高層マンションが売れません。
    首都圏全体の契約率が49.4%まで下がった2018年12月には31.4%という記録的な低さになりました。
    その後も1月は59.2%、2月が50.4%と低空飛行を続けています。

    ■ 近畿圏の3倍近い勢いで上がり続けてきた

    なぜ、こんなに売れなくなったのか――理由は簡単です。
    高くなり過ぎたのです。

    首都圏がこれほど厳しい状態に陥っているのに対して、近畿圏は比較的順調です。
    やはり不動産経済研究所の調査によると、近畿圏の新築マンションの契約率はこのところ70%超をキープしています。
    2018年3月に67.3%と70%割れを記録して以来、常に70%超をキープ、2019年2月も75.8%でした。
     
    なぜ、近畿圏は順調なのか、その理由も簡単です。価格が安定しているからです。
    図表2をご覧ください。
    これは首都圏と近畿圏の新築マンションの平均価格の推移をグラフ化したものです。
    首都圏は2012年の4540万円を底に右肩上がりになって、2018年の平均は5871万円、6年間で29.3%も上がっています。

    それに対して、近畿圏は2012年が3438万円で、2018年は3811万円です。
    6年間の上昇率は10.8%で、首都圏の上昇率の3分の1程度にとどまります。
    その差が、契約率に反映されているといっていいでしょう。

    ■ 新築一戸建ての価格はほとんど横ばい

    いまひとつ、新築一戸建て、いわゆる建売住宅の価格動向をみてみましょう。図表3をご覧ください。
    これは首都圏新築マンションと、首都圏新築一戸建ての平均価格をグラフ化したものです。

    新築一戸建て(1)は10区画以上の比較的規模の大きい建売住宅で、主に大手不動産、大手住宅メーカーなどが手がけています。
    それに対して、新築一戸建て(2)は中堅ビルダーやパワービルダーと呼ばれる大量供給を行っているメーカーなどが主な対象です。
     
    特に、新築一戸建て(2)と新築マンションの価格動向の違いは一目瞭然です。
    新築マンションが右肩上がりのカーブで、6年間で19.2%も上がっているのに対して、新築一戸建て(2)はほとんど横ばいです。
    6年間でわずかに1.5%しか上がっていません。

    初めてのマイホームを考える人たちの多くは、予算との兼ね合いで、さまざまな住宅形態を検討するものです。
    マンションがいいのか、一戸建てがいいのか、はたまた新築か中古かと、取捨選択を行い、最終的に現実的に取得可能な形態に落ち着きます。
     
    その際、予算との兼ね合いから真っ先にはじかれるのが、高くなり過ぎた新築マンションということになります。
    新築マンションの契約率が低い水準にとどまっているのには理由があるのです。


    (出典 biz-journal.jp)


    (出典 biz-journal.jp)


    (出典 biz-journal.jp)


    (出典 biz-journal.jp)


    ※続きは下記のソースでご覧ください

    ビジネスジャーナル 2019.05.21
    https://biz-journal.jp/2019/05/post_27981.html

    ■前スレ(1が立った日時:2019/05/24(金) 00:33:49.17)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558677708/


    (出典 mm-lux.jp)


    続きを読む


    『マツダ3』の国内販売が5月24日スタート。“引き算の美学”を得た新型コンパクトカー - オートスポーツweb
    マツダは5月24日、新型コンパクトカー『MAZDA3(マツダ・スリー)』の国内販売を同日より全国のマツダ販売店で開始すると発表した。
    (出典:オートスポーツweb)



    (出典 auto-library.jp)


    マツダすごいよな 1台の車にガソリンとディーゼル両方入れるって事??

    1 靄々 ★ :2019/05/24(金) 12:44:15.86 ID:awAOKYIV9.net

    新型「マツダ3」発売 ガソリンとディーゼルの良さを兼ね備えた新エンジン初搭載

    マツダ新型「マツダ3」の国内販売が開始され、ガソリンエンジンでありながら、ディーゼルエンジンの良さも兼ね備えた「SKYACTIV-X」を世界で初めて実用化して搭載しました。

    魂動デザインも深化した新型「マツダ3」
     マツダは、新型「マツダ3」を2019年5月24日より発売しました。

    「アクセラ」の後継車に位置づけられる新型マツダ3は、デザインコンセプトである「魂動デザイン」が深化し、日本の伝統的な美意識である「引き算の美学」を追求したスタイルになりました。

    マツダ新型「マツダ3 ファストバック」

    (出典 kuruma-news.kusanagi-cdn.com)


     新型マツダ3にはセダンとファストバックの2つのタイプが用意されていますが、セダンは「凛とした伸びやかさ」、ファストバックは「色気のある塊」をテーマとし、それぞれの個性を際立たせた外観デザインとしています。

     ボディカラーはセダンに7色、ファストバックに8色を設定。「ソウルレッドクリスタルメタリック」「マシーングレーメタリック」の2色に加え、ファストバックでは専用色として、金属の質感と樹脂の滑らかな素材感を融合させた新開発の「ポリメタルグレーメタリック」が設定されました。

     内装でも引き算の美学が取り入れられ、水平基調でシンプルな構造による上質感と運転に集中できる心地よい空間という機能性を融合しています。

     動力性能については、クルマ全体で最適化したマツダ独自の新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を新開発。

     理想の運転姿勢を「歩行状態(人間が歩いている時の姿勢)」と定義し、シートからボディ、シャシー、タイヤに至るまですべての車体構造を刷新して、安心して楽しく運転できる環境を実現しました。

     パワートレインは、マツダが新たに開発した2リッターの「SKYACTIV-X」を初めて実用化して搭載するとともに、1.5リッターガソリン、2リッターガソリン、1.8リッタークリーンディーゼルの4タイプがセダン・ファストバックともに設定されました。

     SKYACTIV-Xは、独自の燃焼方式「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」を採用し、ガソリンエンジンで圧縮着火を制御する技術が世界で初めて実用化されたものです。

     優れた初期レスポンスと力強いトルクを備えるディーゼルエンジンの良さと、素早い操作に追従し、高回転までスムーズに伸びていくガソリンエンジンの良さを兼ね備えた走りが楽しめます。また、小型で効率的なハイブリッドシステム「M Hybrid」を搭載することで、モーターアシストによる低燃費を実現しました。

     トランスミッションはATに加え、SKYACTIV-Xと1.5リッターガソリンではMTも用意されています。

     そのほか、質の高い静粛性の実現や各スピーカーの位置と方向を刷新してクリアなサウンドを提供するオーディオシステム「Mazda Harmonic Acoustics(マツダ・ハーモニックアコースティックス)」を装備しました。

     安全装備として、緊急時の回避・被害軽減を支援する先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」も搭載しています。

     また、直感的な操作性と機能性を備えたコネクティビティ・システム「マツダコネクト」が進化し、基本性能の向上やより直感的に使えるヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)などを採用して使いやすくなりました。

     さらに、クルマとマツダがネットワークでつながり、ユーザーのカーライフを24時間365日サポートするサービスが導入されます。事故や病気などの時に、クルマがオペレーターとつながること迅速に緊急車両を手配することができ、スマホアプリ「MyMazda」と連携することでクルマの状況やドアの閉め忘れ等を通知するサービスも利用できます。
     
     価格(消費税込)は、セダンが247万円から355万1200円、ファストバックが218万1000円から362万1400円です。

     なお、SKYACTIV-X搭載モデルは2019年7月に予約受注が開始され、発売は10月の予定となります。【了】

    https://kuruma-news.jp/post/147521
    2019.05.24 くるまのニュース


    続きを読む


    ファーウェイ制裁でさらに悪化、米中意地の張り合いが世界経済に与える大きな影響=久保田博幸 - まぐまぐニュース!
    トランプ大統領によるファーウェイ制裁に対し、中国は反発の姿勢を見せている。G20での解決どころか、このまま悪化が続けば世界経済への悪影響も避けられない。
    (出典:まぐまぐニュース!)



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    ファーウェイ危機だな トランプさんてきに回すとこうなるんやね 中国やばし!

    1 記憶たどり。 ★ :2019/05/24(金) 05:30:28.51

    https://www.phileweb.com/news/mobile_pc/201905/23/1487.html

    Amazon.co.jpで、ファーウェイのスマートフォンやタブレットなどの販売が事実上停止された。

    Amazonには、ファーウェイ商品のみを扱う特別なストアページがあり、Amazonが商品の販売を直接行っていた。
    そのページ自体はまだ存在しているが、そこからスマートフォン「P30」やスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」、
    タブレットやノートPCなどの詳細ページへ行くと、ほぼ全てが「現在在庫切れです。この商品の再入荷予定は立っておりません」
    と書かれ、購入できない。ただし、一部旧製品には、外部業者が販売しているものもある。

    さらに、P30 liteなど一部製品の詳細ページには、「本製品はOS(オペレーションシステム)等についての重大な懸念が発生しています。
    本製品に関するお問い合わせはメーカーコールセンターまでお問い合わせ下さい」という文言が、Amazonによって表記されている。

    なお、ヨドバシ.comやビックカメラ.comなどでは、従来どおりファーウェイ製品の販売を継続している。

    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1558613806/
    1が建った時刻:2019/05/23(木) 21:16:46.24


    続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    まぁそうなるのは仕方ないわな ふァーウェイ惨めすぎ

    1 記憶たどり。 ★ :2019/05/22(水) 13:35:48.43

    https://this.kiji.is/503783569514497121

    ソフトバンクとKDDI(au)は22日、予定していた華為技術(ファーウェイ)製品の発売を延期すると発表した。


    続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)


    ファーウェイ大丈夫か トランプさんえげつないわ 日本は大丈夫?

    1 ガーディス ★ :2019/05/21(火) 05:54:06.37 ID:s8Ebh+WW9.net

    グーグル含む米テック大手、ファーウェイへの部品・ソフト供給停止

     半導体メーカー各社やグーグルなど米大手企業は、中国最大のテクノロジー企業、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)への重要なソフトウエアや部品の供給を凍結している。
    ファーウェイへの製品供給を事実上禁止するトランプ政権の措置を順守する。

     インテル、クアルコム、ザイリンクス、ブロードコムなど半導体メーカーは、追って通知があるまでファーウェイに供給しない方針を従業員に伝えた。これら企業の行動に詳しい複数の関係者が明らかにした。
    アルファベット傘下グーグルは、ファーウェイへのハードウエアと一部ソフトウエアに関連するサービスの提供を停止したと、別の関係者1人が情報の部外秘を理由に匿名を条件に語った。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-20/PRS8UU6JTSE801
    ★1)2019/05/20(月) 14:19:28.92
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558371362/


    (出典 cdn.technologyreview.jp)


    続きを読む

    このページのトップヘ