にゃん友NEWS

なんだこりゃ!エッマジで!!あんなことこんなこと。
おもしろネタ、最新ネタを盛りだくさん毎日お届けします。

    カテゴリ: ニュース


    「梅田ってどこ?」で「大阪梅田駅」に改称 阪急・阪神 - 朝日新聞
    阪急電鉄と阪神電鉄は大阪の玄関口である「梅田駅」を「大阪梅田駅」にそれぞれ変更することを決めた。関係者によると、変更は10月1日から。外国人観光客の利用が ...
    (出典:朝日新聞)



    (出典 www.asahicom.jp)


    よそから来たもんからすれば大阪と梅田はほぼ同じとは思わんかった もう慣れたけどな 外国人のためならしゃーないな

    1 ばーど ★ :2019/07/30(火) 06:23:18.64

    阪急電鉄と阪神電鉄は大阪の玄関口である「梅田駅」を「大阪梅田駅」にそれぞれ変更することを決めた。関係者によると、変更は10月1日から。外国人観光客の利用が増える中、駅が大阪市の中心部にあることをわかりやすくすることが狙いだという。阪急電鉄は同じ狙いで、京都市中心部の河原町駅についても10月から「京都河原町駅」に変更する。

    阪急電鉄の梅田駅は1日当たり平均約50万8千人、阪神電鉄の梅田駅は同約16万5千人が利用している。両電鉄の梅田駅と地下街や歩道橋で接続されているJR大阪駅(同約87万人が利用)と合わせ、西日本最大のターミナルとなっている。

    この3駅のほか、周辺には大阪メトロ御堂筋線の梅田駅、谷町線の東梅田駅、四つ橋線の西梅田駅がある。

    7/30(火) 3:00
    朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000004-asahi-soci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    続きを読む


    あおり運転傷害事件、容疑者と同乗撮影女性も「現場助勢罪」で逮捕の可能性|まいどなニュース - 神戸新聞社
    8月10日に茨城県・常磐自動車道で発生した「あおり運転事件」で、殴られた被害者男性側のドライブレコーダーに映った映像がテレビでも公開され、理不尽な行為に怒りの ...
    (出典:神戸新聞社)



    (出典 remappli.com)


    当たり前だと思う こんなん見せしめでいいよ

    1 記憶たどり。 ★ :2019/08/17(土) 14:15:41.72

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0817/9pt_190817_1823129444.html

    2019年8月10日に煽り運転の末、暴行を働いた宮崎文夫容疑者(43)が全国指名手配になりました。
    また同乗の女性に対しても逮捕状が請求されました。

    あまりにひどすぎる今回の事件に対し、東名高速煽り運転事件の被害者家族は
    「煽り運転を捕まえる法律がないのだからこれから作るべき」「すぐ捕まえるべき」とコメントしています。


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1566016019/
    1が建った時刻:2019/08/17(土) 12:49:00.21


    続きを読む


    「20年後までに、人間の意識を機械にアップロードせよ」 東大発スタートアップは「不死」の世界を目指す:菅付雅信連載『動物と機械からはなれて』 - WIRED.jp
    2019年3月に設立された「MinD in a Device」は「20年後までに人間の意識を機械にアップロードする」というヴィジョンを掲げるスタートアップだ。 その共同創業者である渡辺 ...
    (出典:WIRED.jp)



    (出典 st3.depositphotos.com)


    そこまでする意味が分からん 

    1 アンドロメダ ★ :2019/08/02(金) 09:31:54.83

    ▼「20年後までに、人間の意識を機械にアップロードせよ」 東大発スタートアップは「不死」の世界を目指す

    2019年3月に設立された「MinD in a Device」は「20年後までに人間の意識を機械にアップロードする」というヴィジョンを掲げるスタートアップだ。
    その共同創業者である渡辺正峰(東京大学大学院准教授)は「機械に意識が宿る」と証明すべく、ラディカルな理論を打ち立てようとしている。

    「20年後までに人間の意識を機械にアップロードする」

    そんな壮大な野望を掲げるスタートアップが、ここ日本に登場した。
    2018年12月に立ち上がったMinD in a Deviceは、そのような壮大なヴィジョンを掲げる。

    このスタートアップは東京大学大学院准教授の渡辺正峰が、共同創業者兼技術顧問という肩書きで中心となって立ち上げ、この3月にはエンジェル投資家からの資金調達も行なわれた。
    AI研究の第一人者で知られる東京大学教授の松尾豊が出資していることも注目を集めている。

    荒唐無稽にも思える計画だが、2040年の世界を見据えるヴィジョンを訊くべく、わたしたちは東京大学にある渡辺の研究室を訪ねた。
    工学系研究科に所属する渡辺だが、その研究室は驚くほど質素だ。

    会議用のデスクだけが置いてあり、そこで研究している様子はうかがえない。
    渡辺は東京大学に所属しつつも「いまのところはドイツで研究しているんです。
    ドイツのほうが意識に関してはラディカルな研究ができるんです」と、実情を明かしてくれた。

    ▼自らの脳を機械と接続し、「機械に意識が宿る」と証明する

    MinD in a Deviceの事業内容に入る前に、まずは渡辺の理論を紹介したい。
    渡辺は著書『脳の意識 機械の意識 ? 脳神経科学の挑戦』で、意識の謎を解き明かすための大胆極まりない理論を提唱する。
    それは「人工意識の機械・脳半球接続テスト」と呼ばれるもので、人間の脳を半分切り、残りの半分に意識の自然則に則ってつくった意識が生まれるはずの機械をつなぎ、意識が統合されるかを検証するという驚きの方法論だ。

    まず、あらゆる科学には「自然則」と呼ばれる自然界の根幹をなすルールがある。
    たとえば、光の速さが常に一定であるとする「光速度不変の法則」のようなものだ。

    渡辺は「意識」の研究においても、その自然則を導入しようと考える。
    そのルールとは、「すべての情報に意識は宿る」というデヴィッド・チャーマーズの仮説である。

    その検証実験はどのように行えばいいのか? チャーマーズの「情報の二相理論」に従えば、ニューロンの発火・非発火といった側面だけを脳から抽出する必要があるが、それは簡単ではない。
    だからこそ渡辺は、チャーマーズや米国の神経科学者であるジュリオ・トノーニの考えに反して、「意識は情報ではなく、アルゴリズムである」と考える。

    渡辺が注目するのは「人工意識」を用いて、それを創りながら仕組みを明らかにしようというアプローチだ。
    そこで参照されるのが、チャーマーズの「フェーディング・クオリア」の思考実験となる。

    これは人間のニューロンをひとつずつ、ニューロンとまったく同じ働きをする人工ニューロンへと置き換えていくという実験だ。
    ニューロンの一つひとつの機能は解き明かされているので理論的には可能としつつ、ニューロンがすべて人工物に置き換わったとしても感覚意識体験は残るのではないか、とチャーマーズは考えている。
    その理論を発展させ、ニューロンをコンピューター・シミュレーションに置き換えていく「デジタル・フェーディング・クオリア」を考案することで、コンピューターでも意識をもたせることができるのでは、と渡辺は考える。

    ここでひとつ問題が生じる。機械に意識を宿すことが可能になったとしても、それをテストする手法が存在しないことだ。
    それはチャーマーズが提唱した、外面的には人間とまったく同じように振る舞うが、内面的な経験である現象的意識やクオリアをまったくもっていない人間を指す「哲学的ゾンビ」と呼ばれる状態になってしまう。
    そこで渡辺は自らの主観を用いる、つまりは自らの脳を機械の脳に接続し、自らの意識をもって機械の意識を見極めようというのだ。

    ▽続きは下記のソースでご覧ください
    https://wired.jp/series/away-from-animals-and-machines/chapter8-2/


    続きを読む



    (出典 maboblog.com)


    自首すればよかったのに バカはやっぱりバカなだな しかも禿げでいきってるってwwwww

    1 ばーど ★ :2019/08/17(土) 06:50:15.79

    8月10日の午前6時過ぎ、茨城県守谷市の常磐自動車道で発生した、あおり運転暴行事件。茨城県警が傷害容疑で逮捕状を取り全国に指名手配し捜査中だが、「週刊文春デジタル」の取材により、容疑者は大阪府などで不動産事業を手掛ける会社経営者・宮崎文夫(43)であることがわかった。

    「宮崎は親族が所有するマンションを受け継いで、不動産の管理や賃貸業を始めたようだ。不動産コンサルティングも手掛けているという。ビジネスマン向けのWEBマガジンでは背広を着て、顔出しでインタビューに応じたりもしている。

     羽振りはよかったようで、インスタグラムにアップされているのは、フェラーリの写真から、寿司、天ぷら、ステーキなどの食べ物の写真まで。贅沢な暮らしぶりが窺える」(捜査関係者)

     被害男性は24歳。見知らぬ白い高級外国車から”あおり運転”を受けて走行を阻まれ、やむなく停車したところ、車から降りてきた宮崎容疑者に「殺すぞ」などと脅され、車の窓越しに顔を数発殴打された。被害男性は鼻から流血するほどの怪我を負ったが、事件の一部始終はドライブレコーダーの映像に収められていた。

     宮崎容疑者が乗っていた白いSUVは、横浜市内のディーラーから代車として貸し出されていた車であることがわかっている。SUVは別の人物により事件翌日に返却済みだが、容疑者の行方は不明だ。捜査の進展が待たれる。

    「週刊文春」編集部/週刊文春
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190817-00013436-bunshun-soci
    画像 宮崎容疑者 SNSより

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1 2019/08/17(土) 02:35:27.24

    ※前スレ
    【社会】「あおり運転殴打」容疑者はマンション事業を手掛ける43歳会社経営者(画像あり)★6
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565990701/


    続きを読む



    (出典 commonhome.info)


    年払いで2万越えの受信料 勝手に見れるようにして金をとるとか納得できるか

    1 ごまカンパチ ★ :2019/08/10(土) 06:23:24.21

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00009992-bengocom-soci
     NHK総合で8月9日の午後8時42分から「受信料と公共放送についてご理解いただくために」と題した3分間の番組が放送された。
    番組では、受信料を財源とすることで、特定の利益や視聴率に左右されず、社会生活の基本となる確かな情報や防災情報などを全国に放送できる、
    と受信料の意義を説明。
    松原洋一理事が「引き続き、受信料制度の意義や公共放送の役割を丁寧に説明し、公平に受信料をお支払いいただくよう努めて参ります」と話した。
    番組は、8月10日午後0時42分、8月11日午後6時42分からも放送される。

    放送の理由について、NHKは弁護士ドットコムニュースの取材に対し、
    「受信料制度についての正しい理解に基づかない発言が頻繁に聞かれること、そして受信料制度についての視聴者のみなさまからのお問い合わせがあること」
    としている。

    ●番組サイトにはN国への反論
     今回のような放送は初めてなのかを尋ねたところ、NHKは「視聴者にお伝えすべき内容については、これまでも適宜、放送しています」。
    受信料についても同様だという。
    放送がいつ決まったかについては、「取材・制作の過程についてはお答えしていません」だった。
    お金を払った人だけがNHKを視聴できる「スクランブル放送」を公約としている「NHKから国民を守る党」の影響についても尋ねたが、回答はなかった。

    なお、NHKが「番組サイト」としているページには、「NHKの訪問を撃退するとのシール」には効果がない、NHKが暴力団関係者に契約・徴収を
    委託することはない、など、N国党に関連するテキストが掲載されている。
    NHKは7月30日に番組と同名の文書を発表。「『受信料を支払わなくてもいい』と公然と言うことは、法律違反を勧めることになります」などとしていた。

    ★1:2019/08/09(金) 23:52:32.64
    前スレ
    【NHK】NHK、3日連続で「受信料」に理解求める番組放送 N国への危機感あらわ ★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565370500/


    続きを読む

    このページのトップヘ