にゃん友NEWS

なんだこりゃ!エッマジで!!あんなことこんなこと。
おもしろネタ、最新ネタを盛りだくさん毎日お届けします。

    カテゴリ:フリートーク > 雑談


    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ - Newsweekjapan
    未婚女性の約半数は結婚相手の男性に年収500万円以上の収入を望んでいるが、未婚男性の半数以上は年収300万円未満というのが現実>. 日本社会の少子化は着実に ...
    (出典:Newsweekjapan)



    (出典 jsbs2012.jp)


    軽くでいいから余裕のある生活が送りたいわな・・・・

    1 みなみ ★ :2019/06/26(水) 22:45:10.92

    6/26(水) 15:49配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00010000-newsweek-int

    <未婚女性の約半数は男性に年収500万円以上の収入を望んでいるが、未婚男性の半数以上は年収300万円未満>

    日本社会の少子化は着実に進んでいる。2018年の出生数は91万8397人と過去最低になった。政府は、出産・育児に関わる経済的負担を軽減し、仕事と育児を両立しやすい環境の整備を目指すとしている。

    未婚男女の年収に関するすれ違いグラフを見る

    だがそれ以前の問題として、未婚化が進んでいることも大きい。結婚と出産が結びついている日本では、少子化の最大の原因は未婚化であるのは疑いない。成り行きまかせでは改善しないと、各地で婚活の取り組みが行われているが、なかなか成果は上がらないようだ。

    理想の相手に出会えないということもあるようだが、結婚相手に何を求めるかは各種の調査で分かっている。とりわけ女性ははっきりしていて、18~34歳の未婚女性の9割が「経済力」を重視すると答えている(国立社会保障・人口問題研究所『出生動向基本調査』2015年)。

    昨年に内閣府が実施した調査では、未婚の男女に対して、結婚相手に希望する年収をたずねている。<図1>は、女性が相手に希望する年収と、男性の年収の分布を対比したものだ。

    以下ソースで読んで
    ★1 2019/06/26(水) 19:14:58.31
    前スレ★2 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561550258/-100


    続きを読む


    なぜ博多弁は「かわいい」のか 美声評論家の見解は「ギャップ萌え」 - livedoor
    [めんたいワイド- 福岡放送] 2019年5月27日放送の「めんタイムス」のコーナーでは、「博多弁はなぜかわいい?」というテーマを特集していました。さまざまな方言ランキング ...
    (出典:livedoor)



    (出典 sdl-stickershop.line.naver.jp)


    へぇ~~そうなんだぁ 可愛いんだ 方言が可愛いってうりゃま!

    1 みなみ ★ :2019/06/08(土) 12:36:20.92

    2019年6月8日 6時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16586360/

    [めんたいワイド- 福岡放送] 2019年5月27日放送の「めんタイムス」のコーナーでは、「博多弁はなぜかわいい?」というテーマを特集していました。

    さまざまな方言ランキングで上位に入るなど、よくかわいいと言われる博多弁。そういったイメージは、どこから来ているのでしょうか。

    「なんしようと?」

    福岡県出身の美声評論家・秋竹朋子さんによると、博多弁がかわいいと言われるのには理由があるそうです。

    例えば、博多弁で「なにしてるの?」は「なんしようと?」といいます。この二つの言い方を比べると、博多弁のほうは語尾が上がります。

    この語尾が上がることが、博多弁がかわいいと言われる理由の一つだそうです。

    ちなみに、女性には「心配しとったとよ~」という博多弁が人気だそうです。九州男児の言葉の強いイメージと変わって、語尾に「とよ~」が付くことで、かわいくなりギャップ萌えするようです。

    私はずっと福岡なので、あまり意識したことはなかったのですが、こんなにかわいいと言われるなら、これからも自信をもって博多弁を話していきたいと思います。


    続きを読む


    「人は見た目が9割」に苦しむ中年男性 美容整形や植毛も検討 - livedoor
    「人は見た目が9割」という現代の風潮に苦しむ中年男性の声を紹介している。とある男性は、娘のクラスメイトから顔を見ただけで泣かれたことがあるそう。そのため娘との ...
    (出典:livedoor)



    (出典 toushel-homme.com)


    見た目もあるけど取りあえず清潔感が大切! 今は色んなデオドラント商品があるんだし努力努力

    1 記憶たどり。 ★ :2019/06/19(水) 12:22:42.98

    https://news.livedoor.com/article/detail/16641721/

    『人は見た目が9割』という新書がベストセラーになったのは、2005年のこと。このヒットを境に、この書籍が本来、
    伝えている内容ではなく、人を見た目で判断して何が悪いのかと平然と口にする人が世の中に増えた。
    そんな世間の雰囲気によって大いに割を食っている「見た目が良くない」中年男性たちの嘆きを、ライターの宮添優氏がレポートする。

     * * *

    「痴漢対策として、安全ピンを持ち歩くべき」

    ネット上でこんなにも過激な議論が巻き起こるほどになったのは、確かに痴漢などの性犯罪者が多く存在している背景がある。

    しかしその一方で、痴漢や性犯罪について過敏すぎる人たちから、あらぬ疑惑をかけられ、日常生活を送ることさえ
    ままならなくなった人々がいることについては、あまり知られていないのではないか…。

    千代田区内の公園に現れたのは、肥満体型にしわくちゃのシャツ、スラックス姿の山崎義之さん(仮名・50代)。
    一見するとうだつの上がらないダメサラリーマン然とした出で立ちだが、れっきとした大手新聞社の社員。
    早稲田大学法学部を卒業し入社したあとは、九州や関西で記者として活躍し、40代で東京本社の営業局に移動した。

    「営業といっても飛び込みではなく、既存の取引先とやりとりをするだけ。動かなくなって一気に太ってしまったんですが、
    ストレスもそれなりにあり、頭も一気に薄くなった。目は昔から悪く、分厚いメガネをかけています。この時期は汗も大変、
    タオルが絞れるほどですからね」(山崎さん)

    お気の毒ではあるが、その風貌はお世辞にも「かっこいい」「清潔」とはいえない。鼻息荒く巨体を揺らし、
    常に汗を拭きとる仕草を見せる山崎さんは、電車で隣りあいたくないタイプだ。しかし当の本人も、自分の「気持ち悪さ」は
    十分に理解していると肩を落とす。

    「俺みたいな汗っかきの百貫デブ、そしてハゲ。気持ち悪いに決まってますよ。でも、このために痴漢に間違われたり、
    女性から蹴りを入れられたり、男性からも肘打ちをされたりする。朝の電車には怖くて乗れなくなり、社内でも盗撮してるんじゃないか、
    若い女性社員をいやらしい目で見ているのではないかと噂を立てられて。その反動からか、食べたり飲んだりが前以上に
    やめられなくなってしまった」(山崎さん)

    実は山崎さん、関西赴任時代に結婚し、今では一男一女のパパでもある。東京・大田区のタワーマンションに住んで、
    日曜になれば、愛車のアウディで家族でレジャーを楽しむ"イケてるパパ"だ。ファッションにも興味があり、大学時代にはストリート系雑誌の
    ファッションスナップページも数度掲載されたことがある。しかし今では、おしゃれを楽しみたくとも合うサイズの服がなくもっぱらジャージ姿。
    シャツとスラックス姿では、小物をどんなにオシャレにしても焼け石に水で「単なるキモいデブ」(山崎さん)にしかならないのが実情だという。

    「地下鉄に乗っていたところ、いきなり後ろからキャー!と悲鳴が聞こえて。私の汗で濡れた腕に触れた女性が叫んだんですね。
    その女性の彼氏は、私のことを怒鳴り散らして、次の駅で降ろされて駅員呼ばれて…。痩せてカツラでもつければいいのか…。
    というかこんなにも見た目でないがしろにされなくてはならないのかと」(山崎さん)

    神奈川県内の物流コンサル会社勤務の大橋学さん(仮名・40代)も、痴漢や不審者に間違われた経験から、すっかり生きる気力をなくしてしまった一人。

    「二十代で頭頂部が薄くなりはじめ、内臓の病気で肌色も悪く、目つきも悪いんです。この前は、営業先の会社のエントランスで30分座って待っていたところ、
    警備員が五~六人やってきて、身分証明書を見せろ、ここにいる理由を言えと詰め寄られました」(大橋さん)

    何度も通った会社であったが、新入りの受付嬢が初見の大橋さんを不審に思い、警備員に通報していたのだという。同じように、公園で休憩をしたり、
    弁当を食べているだけで、警察官に職務質問を受けたり不審者扱いを受けた。中でも辛かったのは、愛娘の学校行事に参加したときのこと。


    続きを読む



    (出典 www.seisakukikaku.metro.tokyo.jp)


    東京は遊びに行くとこ 住むにはしんどい

    1 ひぃぃ ★ :2019/06/09(日) 18:18:18.10

    政府は地方創生を打ち出し、東京一極集中からの脱却を目指しているが、仕事や教育機関の豊富さなどから、東京に引っ越す人は多い。

    ガールズちゃんねるに6月6日、「東京住みのメリット、デメリット」というスレッドを立てた人物も、そのひとり。長野県から昨年転居してきた。投稿者は東京での生活を次のように絶賛した。

     「悪いところは家賃が高いくらいしかないのかなと思っています。 仕事がいっぱいありますし、お洒落なカフェ、田舎にはないサバサバした人間関係なんかも好きです」

    ■「上京して大袈裟でなく人生変わった 上京して良かったです」

    スレッドでは東京の良さを実感する人が、たくさんのコメントを寄せている。25歳まで関西の田舎に住んでおり、「主さんに完全同意です」という人物は、

     「上京して大袈裟でなく人生変わった 上京して良かったです」

    と東京のメリットをアピールした。東京には全国からたくさんの人が集まってくる。それだけ多くの価値観に触れるチャンスもあり、関わった人たちを通じて自分の可能性を引き出されたのだろう。「人生観が広がる」と似た回答をする人もいた。

    また、「車を所有しなくても困らないところ」「最大のメリットは車持たなくていい」という点も挙がった。東京は交通機関が発達しているため、日常生活を送るのに自家用車を使う必要性が少ない。

    ほかにも、娯楽施設が豊富で飽きがこない、人間関係がいい感じに希薄で煩わしくないといった回答もあった。

    ■都心の外れに住めば家賃はそんなに気にならない?

    東京のデメリットには、

     「人多すぎ 電車混みすぎ」
     「満員電車でたまに発狂しそうになる」

    など、都心の殺人的な満員電車が挙がった。ときに足が宙に浮くほど混雑することがある。そんな電車に毎日乗っていれば、心身ともに消耗してしまう。

    スレ主も書いているが、「家賃の高さ」を挙げる人も多い。東京は土地の価格も建築にかかる人件費も高額のため、住居費が上がる。固定費として、毎月のように家計を圧迫し続けるのはストレスだ。「東京は給与が高いけど賃貸の家賃の高さがそのメリットを消し去っている」と嘆く人もいる。

    しかし、場所や築年数を妥協すれば、リーズナブルな物件も存在する。「都心外れたら家賃4万くらいで 静かなところがけっこうある」と、快適に暮らしている人もいる。

    実際、東京の人気は高い。2018年に東京都が発表した「都民生活に関する世論調査」によると、「今後も東京に住みたい」と答えた人は78%に達した。理由としては「交通網が発達して便利だから」といった理由が上位にランクイン。東京が持つ生活利便性の高さが評価されている。

    2019年6月8日 9時30分 キャリコネニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/16586964/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    ★1:2019/06/08(土) 21:00:00.27
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560066623/


    続きを読む


    「男性上司に言えない、女性同士でも話しづらい…」今もタブー視される生理、理解促進には男女の”歩み寄り”が必要? - HuffPost Japan
    めんどくさい、めっちゃイライラしちゃう」「地獄」「しんどいっす。おなか痛いし」「機嫌悪くても察してほしい」。女性にとって、心身ともに辛い生理。また、隠さなければならない、 ...
    (出典:HuffPost Japan)



    (出典 linkx.life)


    生理痛って個人差があるからな しかも毎月だから辛い人にはとりずらい状況かもな

    1 樽悶 ★ :2019/05/22(水) 05:38:54.23

    街の声は…

    (出典 amd.c.yimg.jp)


     「めんどくさい、めっちゃイライラしちゃう」「地獄」「しんどいっす。おなか痛いし」「機嫌悪くても察してほしい」。女性にとって、心身ともに辛い生理。また、隠さなければならない、恥ずかしいものという意識もあるようだ。

     一方、「発言に結構気を遣うことはある」「分かんないけど、とりあえずそっとしておこうみたいな」「口に出すのはあんまよくないかなって。聞いてほしくないかなって」「言ってくれたほうが助かる」と、経験することのできない男性たちは戸惑うことも多いようだ。

     しかし、生理痛を擬人化、その辛さをリアルに表現した漫画『生理ちゃん』が二階堂ふみ主演で映画化決定するなど、オープンに話すことのできる対象へと変わりつつある。17日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、そんな生理について議論した。

    ■歩み寄りが足りない?

    ※省略

     番組には「男性に話ができないのは、グロい、汚い、臭うと言われてしまうかもしれないから」「上司にも言いにくい。“そういう日なんだ“って見られるので、生理休暇も使いづらい」という声が寄せられた。実際、62%の女性が「ガマンして通常通り働く」と回答している調査もある。

     紗倉まなは生理中の腹痛を表した「お腹にスイカくらいの鉄球を乗せられている」「お腹に注射針を何十本も一気に刺される」という例えについて、「過剰な表現ではないと思う。私は腰痛もPMSもひどい。壁に穴を開けてしまったことがあるくらいイライラしたり、自分が自分ではない感じというか、ずっと重い毛皮を背負っているような感覚がある」と話す。

    ※省略

     生理に関するドキュメンタリー作品を制作中の映画監督・朴基浩氏は、幅広い年代の女性に取材を続けてきた。その中で、一つの矛盾に辿り着いたという。「生理がくるたびに女性であることを恨んだり、女性であることをものすごく背負っているのを意識するという話を聞いて、進めれば進めるほどわからなくなる。でも、例えば“彼氏に言う?“と聞くと“うっ“となったり、“家族にオープンに言えるか?“と聞くと“う~ん“となったり。生理のことを分かってほしいという裏側で、自分のことはあまり言いたくないっていう、ある種の矛盾があると思う。どう触れていいかわからないから男性も何も言えない。お互い歩み寄ってないなって思う」。

     さらに、「一番びっくりしたのは、後輩を病院に連れて行った時、問診表に書く“最終月経日“が分からないと言われた。彼女だけでなく、意外に皆さん知らない。生理が終わった日ではなく、始まった日だと捉えている女性もいる。女性も意外と知らないんだと思った」と明かした。

    ■1000年前から今も残る偏見

      生理用品の歴史に詳しく、『生理用品の社会史』という著書もある歴史社会学者の田中ひかる氏は「明治時代でいえば、子どもを5人産んだとして、昔は授乳期間も長かったことを考えると、生涯で50回くらいしかなかった。今はその9倍くらい経験することになるので、人類史上最も月経の回数が多い時代とも言える。月経痛の原因になる月経困難症などの原因もそこにあると考えられている」と話す。

     また、生理がタブー視される背景については、「月経と“穢れ“は切っても切れない関係にあった。平安時代、妻が生理の時、夫は宮廷に仕事に行ってはいけないという決まりもあった。この“男の生理休暇“みたいなものは明治時代まで続いていた。あるいは室町時代には大陸から血盆経という偽のお経が入ってきた。その内容は、女性は経血と出産時の出血で土地や水の神様を穢しているから、死んだら必ず血の池地獄に落ちる、それが嫌なら血盆経を唱えなさいという教え。江戸時代、女性信徒を獲得するために各宗派が唱道したこともあり、地域によっては小屋に女性を隔離することもあった。相撲の土俵問題にもそういうルーツがある」と説明。「ネパールのチャウパディという慣習では、女性が穴のようなところに隔離され、暖を取るために焚いた火の煙や、毒蛇に噛まれたことにより死者も出ている。ヨーロッパでも月経中の女性が植物に触ると枯れる、マヨネーズを上手に作れない、発酵に影響を及ぼすといったことが考えられてきた。ただ、ホルモンバランスと結び付けられるのは危険だと思う。その考え方が行き着いた先が、月経の前に殺人を犯すといった、女性差別、偏見に結びついてしまう」。

     その上で「やはり排泄物でもあるので、恥ずかしいのはしょうがない。しかし生理だから体調が悪いと言える雰囲気は作らないといけないと思う。学校での教育もバラバラだ」。(続きはソース)

    5/21(火) 12:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00010009-abema-soci


    続きを読む

    このページのトップヘ