にゃん友NEWS

なんだこりゃ!エッマジで!!あんなことこんなこと。
おもしろネタ、最新ネタを盛りだくさん毎日お届けします。

    カテゴリ:ニュース > もめごと


    眞子さまと小室圭さん 納采の儀せずに結婚する可能性も - livedoor
    婚約延期となっている眞子さまと小室圭さんについて女性セブンが伝えた。皇室の伝統的な行事「納采の儀」を飛ばして結婚する可能性もあるという。皇室ジャーナリストは公 ...
    (出典:livedoor)



    (出典 biz-journal.jp)


    もしそれができたなら小室さんを見直すかも・・・ でも400万の借金は返そう

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/02/16(土) 12:19:35.31 ID:R0zw99zY0●.net BE:601381941-PLT(13121)


    (出典 img.5ch.net)

    ★スレ立てNGワード回避のため、一部の人名を変換しています

    MAKOさまとKさん「納采の儀」を飛ばして結婚の選択肢も

    MAKOさま(27才)と婚約内定者のKさん(27才)について、AKISINONO-MIYAさまは昨年、「納采の儀は行えない」という
    発言をされた。

    「一般の婚約にあたる『納采の儀』は、皇室の伝統的な行事ではありますが、皇室典範で規定された公的な義務では
    ありません。つまり、MAKOさまの納采の儀は、AKISINONO-MIYA家のプライベートな行事なのです。ですから、それをしなければ
    MAKOさまは絶対に結婚できない、というわけではないのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

    Kさんの母・佳代さんの金銭トラブルが解決したとしても、そう簡単に国民からの祝福は期待できるわけではない。
    そうなると、AKISINONO-MIYAさまの言葉の通り、納采の儀は難しいだろう。しかし、それをスキップして、結婚に進むこともできない
    とは言い切れない。

    一般の国民の場合、基本的には、結婚にあたっては両人の戸籍謄本と、保証人を記した婚姻届を役所に提出する。
    しかし、皇族には戸籍がない。代わりに、皇族の身分と系統とを登録した「皇統譜」の記載事項を証明した書類を添付する。

    MAKOさまが納采の儀を行わなかったとしても、その書類の提供を宮内庁に求められたら、宮内庁は断われるでしょうか。
    証人を友人などに依頼され、婚姻届の提出を代理人弁護士などに頼まれれば、提出先が拒否することはできないでしょう。
    水面下で、AKISINONO-MIYA家や宮内庁の理解は必要になるとしても、世間的には“AKISINONO-MIYA家としては反対だったが、MAKOさまが
    押し切られた”という体面は保たれるはずです」(前出・皇室ジャーナリスト)

    AKISINONO-MIYA家に近い関係者はこう続ける。

    「AKISINONO-MIYAさまは、“納采の儀は行えない”と発言されたものの、“結婚を許さない”とはおっしゃっていません。MAKOさまの
    幸せを願われるAKISINONO-MIYAさまの真意はわかりませんが、案外、そのあたりにあるのかもしれない」

    結婚への道は、まだ他にもある。結婚して皇籍を離れるのではなく、「皇籍離脱」してから結婚に進むというものだ。

    「昭和天皇の喪中に婚約を発表されたAKISINONO-MIYAさまと紀子さまは、ご結婚直後は100平方メートルほどの平屋から新婚生活を
    スタートされ、コツコツと努力を積み重ねてこられました。MAKOさまもこれだけ世間を騒がせた末の結婚ですから、
    “それ相応の覚悟”が問われるのは当然のことではないでしょうか」(皇室関係者)

    内親王や女王は15才以上になると個人の意思で、皇室会議を経て、皇籍離脱することができる。

    「婚姻届を提出する際にも、皇籍離脱する際にも、皇室経済会議が開かれ、MAKOさまの場合は満額1億5000万円超の
    一時金を支払うかが議論されます。そこで、MAKOさまが一時金を自ら辞退され、“Kさんと生きることを選ぶ”と毅然とした
    態度を取られれば、結婚に厳しい世間の目も、きっと風向きが変わるはずです」(前出・皇室ジャーナリスト)

    https://www.news-postseven.com/archives/20190215_869704.html


    続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    開き直りに近い感じ。もう、これだけこじれたんだから結婚諦めたらと思うけどなぁ・・・・・

    1 僕らなら ★ :2019/02/08(金) 07:46:57.18

    小室圭さん(27)が、「文書」を発表してから1週間。秋篠宮家の長女・眞子さま(27)の表情は、どこか強張っていた。

    「眞子さまは、文書発表を事前に知っていたが、秋篠宮さまにお伝えなさらなかった。殿下は相当怒っておられるようです」(皇室ジャーナリスト)

    では小室さんは何を思うのか。小室さんと毎日のように連絡を取っているという代理人弁護士に、小室さんの考えを聞いた。

    「圭さんは、ネットのニュースは当然見ていると思います。(反響を)想定していたとはいえ、『平気ですよ』というわけじゃない。『やっぱりか』という気持ちはあると思います」

    発表と同時に、眞子さまが文書についてご存じであることが報じられた。「文書の権威づけのために、皇室を利用している」と批判の声が上がり、眞子さまと秋篠宮さまの間の溝はさらに深まった。

    「『皇室の利用だ』という評価があるんだなとは思いますが、そういった意図はありません。

    圭さんは、眞子さまと結婚するという目的のためにこういうことをやっているので、眞子さまがご存じかどうかを説明しないのは、かえって不自然だという判断。『結婚したい』ということは当初から変わっていません」(代理人弁護士、以下同)

    小室さんの母・佳代さんも反響を受け止めている。

    「文書の反響について、圭さんとお母さんの間でも話はしているでしょう。『いろんな説明をするしかないね』というところじゃないでしょうか。

    圭さんは、(佳代さんの)元婚約者の方の理解を得られるように、『積極的に前のめりでやりたい』と思っているんです」

    皇室ジャーナリストの山下晋司氏は、小室さんに対する国民感情をこう推察する。

    「金銭トラブルが報道されてから1年以上経過していますが、なんの対応もされてこなかった小室家に対して、多くの人が不信感を抱いていると思われます。

    ですから、元婚約者の方が納得し、トラブルが解決したとしても、秋篠宮殿下がおっしゃった『多くの人に喜んでもらう状況』に至るとは思えません」

    だが、小室さんの代理人弁護士は、こうも語った。

    ――文書を出さないほうがよかったという批判があるが。

    「想定済みです。黙ってたって、しゃべったって、叩かれるに決まっているわけです」

    どれほど叩かれても、小室さんは眞子さまとの結婚のため、「前のめり」に進むことを決意していた。

    (週刊FLASH 2019年2月19日号)

    https://smart-flash.jp/sociopolitics/62059


    続きを読む


    須崎市が「ちぃたん☆」の活動停止を要請「しんじょう君」に酷似と指摘 - livedoor
    高知県須崎市は、ゆるキャラ「ちぃたん☆」の事務所に活動停止を要請した。同市のマスコットキャラ「しんじょう君」の著作権を侵害しているという。楠瀬耕作市長は「著作権は ...
    (出典:livedoor)



    (出典 www.alice-project.biz)


    著作権とかいろいろと大変なんだね。ゆるキャラ戦争勃発したな・・・・

    1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ :2019/02/06(水) 21:47:37.78 ID:Ns/mDMmb9.net

    高知・須崎市、ゆるキャラで要請 「ちぃたん☆」の活動やめて


     2016年のゆるキャラグランプリで優勝した高知県須崎市のマスコット
    キャラクター「しんじょう君」に酷似し、著作権を侵害しているとして、
    市は6日、ゆるキャラ「ちぃたん☆」の商標登録を出願した東京の芸能
    事務所に、ちぃたん☆の活動停止を求めたと明らかにした。

     ちぃたん☆はコツメカワウソをモチーフに、しんじょう君と同じ作者が
    デザインし、17年に誕生。過激なパフォーマンス動画をネット上で公開する
    などして注目を集めた。一方で「暴力的」との批判もあり、姿が似ている
    ことから市に苦情が殺到していた。

     楠瀬耕作市長は「著作権は市民の財産。訴訟も選択肢の一つ」と話した。


    一般社団法人共同通信社(2019/2/6 20:442/6 21:36updated)
    https://this.kiji.is/465836152533091425?c=39546741839462401

    「しんじょう君」と「ちぃたん☆」(右、ツイッターから)

    (出典 nordot-res.cloudinary.com)


    続きを読む

    このページのトップヘ